Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ドコモのLTE、来年3月に512Mbpsへ高速化。4x4 MIMOと256QAM活用、70都市で一斉展開

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI), @TKoguchi787
2016年9月13日, 午後04:00
470シェア
156
225
0
89

連載

注目記事

人気記事

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

IQOSホルダーに直結して充電できるマグネットアダプターを発見!:電脳オルタナティヴ

View

NTTドコモは、受信時最大512Mbpsの通信サービスを2017年3月に開始すると発表しました。2つの新技術
「4x4 MIMO」と「256QAM」を適用。サービスの開始当初は東京23区や名古屋市、大阪市などの東名阪の70都市の約1100局で、一斉に展開するとしています。

NTTドコモはことし5月より、国内最速となる受信時最大375Mbpsの通信サービスを開始。また6月には、新周波数の3.5GHz帯を使った、受信370Mbpsの通信サービスを提供しています。

3月に開始する受信500Mbps超のサービスでは、2つの新技術「4x4MIMO」と「256QAM」を活用します。4x4 MIMOは、データを送受信するアンテナ数を、従来の2つから4つに増やすことで通信を高速化する技術。256QAMは、一度に6ビットの情報量を運ぶ従来の64QAMに比べて、1度に8ビットの情報量を運べるため、通信速度を1.33倍高速化できる技術です

今回は、4x4MIMOを3.5GHz帯に適用し、受信最大512Mbpsを実現。また、256QAMを従来のFDDの周波数帯に適用し、こちらは受信最大500Mbpsを実現します。

なおiPhone 7 / Plusを含む既存の端末は、今回発表された高速通信には非対応。秋以降に発表する新モデルの一部から対応する見通しです。


▲5分間の4K動画(ファイルサイズ2GB)も約34秒でダウンロードできるという

▲高速化へ取り組みを説明する、NTTドコモ ネットワーク部部長 三木睦丸氏

500Mbps超のエリアについては都市部を中心に構築し、2017年3月のサービス開始当初は、東名阪の約70都市で一斉展開します。また2017年度以降は、キャリアアグリゲーションのさらなる拡張やMIMOの拡張を経て、2020年までの1Gbpsサービスを実現や、1Gbpsを超える「5G」の商用化を目指すとしています。

470シェア
156
225
0
89

Sponsored Contents