Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

au未来研の「IoTシューズ」を活用した迷路型アトラクション、東京・よみうりランドに期間限定オープン

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年9月15日, 午後12:00
273 シェア
70
110
8
0
85

連載

注目記事

人気記事



au未来研究所のプロジェクトから生まれたスマートフォンと連携するIoTシューズ「FUMM(フーム)」、これを活用した迷路型のアトラクションが東京・よみうりランドに、10月8日から12月4日までの期間限定でオープンします。迷路内で恐竜やロボットに出会いながら、足踏みやジャンプなどの動きに応じたミッションをクリアするアトラクションです。

FUMMは、Bluetoothでスマートフォンと連携するIoTシューズです。靴に「カラー」「感圧」の2種類のセンサーを搭載し、「歩く」「ジャンプ」といった子どもの動きや踏んでいる地面の色を識別します。

FUMM ADVENTUREは、このFUMMを履いた子どもと、スマートフォンを持った親が一緒になって楽しめるアトラクションです。地球上の過去や未来にタイムトラベルをするというストーリーで、迷路は「恐竜エリア」「ロボットエリア」「星エリア」の3つのエリアで構成。迷路内の恐竜やロボットに出会いながら、足踏みやジャンプなどの動きに応じたミッションに挑みます。例えばティラノサウルスとの「かけっこ競争」など、ミッションは子どもが体を動かす楽しい内容になっているとのことです。

同アトラクションは、東京よみうりランド (東京都稲城市・川崎市)「グッジョバ!!」エリアにオープンします。期間は2016年10月8日 (土) から2016年12月4日 (日) まで。auは、「最先端のIoTを用いたアトラクション施設の設置によって、親子で楽しめることはもちろん、親子のコミュニケーション活性化や、子どもの豊かな想像力を伸ばすことを目指します」としています。


※写真および動画はFUMMのコンセプト発表時のもの


 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
Source: KDDI
273 シェア
70
110
8
0
85

Sponsored Contents