Sponsored Contents

Pokemon GOの最新記事

    Image credit:

    丸1日「ポケモンGOプラス」だけで遊んでみた結果はこうでした 世永玲生

    世永玲生(Reo Yonaga)
    2016年9月20日, 午後05:40 in Pokemon Go
    1074 シェア
    544
    300
    33
    0
    197

    連載

    注目記事

    人気記事

    ポケモンGO、『ルギア』『フリーザー』出現は継続。1周年大ボーナスは28日朝まで延長

    ポケモンGO、『ルギア』『フリーザー』出現は継続。1周年大ボーナスは28日朝まで延長

    View
    速報:まさかの『詫びルギア』爆誕。ポケモンGOイベントで大規模障害、出席者には全額返金と詫びコインも

    速報:まさかの『詫びルギア』爆誕。ポケモンGOイベントで大規模障害、出席者には全額返金と詫びコインも

    View


    さて、あっという間に完売し、次の入荷は11月という話題のポケモンGOプラスですが、3連休に1日まるごとポケモンGOプラスを試す機会があったので早速試してきました。

    まず、前日に軽く試した結果、バッテリーの消費が激しかったのでチーロの大容量バッテリー「Power Plus 3」を装着。

    今日は何がなんでも1日バッテリーを持たせる覚悟です。

    準備はこんな感じで。

    「ポケモンGOプラス」を詳しくはご存知でない方の為に軽く「ポケモンGOプラス」の説明をしますと、「ポケモンGOプラス」の機能は以下の通りです。

    ・ポケストップからのアイテム取得
    ・ポケモン出現の通知・ボール投げ
    ・アプリバックグラウンド時の歩行距離カウント。

    ポケモンに対しては「モンスターボール」を1投して、ゲットの可否がわかります。
    「ズリのみ」や「スーパーボール」「ハイパーボール」は使用できません。

    今回はまず、ポケモン枠とアイテム(どうぐ)枠を溢れない様に拡張しました。
    ポケモン枠は450に、アイテムは550に。元々1回まとめて拡張済みなので、結構な枠の上限値なのですが、それでもアイテムの方は途中で溢れて「きずぐすり」「モンスターボール」を中心に1回整理。

    この状態で、「普通の生活」をしながら「ポケモンGOプラス」でポケモンGOを丸1日プレイします。
    出来る限り「ポケモンGO」の画面は開かず、他のアプリの使用等はいつもどおりに。
    と、いうことで10:30に自宅を出発&実験スタート。

    結構逃げる、定期的に途切れる



    まず、ご覧の通り結構逃げます、但し「ポケモンGOプラス」ではモンスターボールを1投しか投げれないこととを考えると脅威のゲット率です。

    ぼうけんノートを眺めていた体感値では、全体で6~7割位のゲット率と言ったところでしょうか。
    電車の移動中でのゲットに関して言えば、手動で「モンスターボール」での捕獲を試みるよりはゲット率・ゲット数ともに向上している感じです。

    はっきり言って「ながらポケGO」としては十分満足なゲット率です。

    最初に遭遇したマイナスポイントとしては、Bluetoothの切断があります。アイドリング時間が長いと途切れるのか、食事中と地下でGPSが届かない場所にいた際に何度か途切れました。
    また、1時間に1回の切断は仕様です。
    ポケストップがあるのに通知が来ない場合は一応切断されていないかチェックしてみてみたほうがいいでしょう。
    また「ポケモンGOプラス」でのボール投げで逃げたポケモンが気になる人は定期的にスクショを撮っておいたほうがいいです。あっという間にログが押し流されます。

    プレイ画面より先に検知したり検知しななかったり

    スクショ撮影をしようと思って何回か立ち上げたタイミングだけで
    ・アプリより先にポケモンの出現を検知する。
    ・アプリだと出現しない距離のポケモンを検知する。
    という現象に何度か遭遇しました。これはかなりお得感があります。
    また
    ・ポケストップでのアイテム取得が再度可能になった場合も通知が来る。
    のも確認。これは自宅やオフィスがポケストップに重なっている場合には非常に有用な仕様です。

    その一方で


    近くにいるのに反応しないこともあります、コイキングは集めている最中なのですが、再接続&数分立ち止まった結果、泣く泣く諦めました。
    「モンスターボール」しか投げれない事も含め、いわゆる「ポケモンの巣」での使用にはあまり向いてないのかもしれません。

    ばっちり距離がカウントされる

    さて、僕としては一番気になっていたバックグラウンドでの歩行距離カウントです。
    結論としてバッチリでした。まだ1.9kmしか歩いていなかったピカチュウが、気がづいたら肩乗りしていました。
    (肩乗りするには10kmの歩行が必要)

    あと、歩いた分だけカウントされるので、モチベーションも明らかに向上し、Ingressの時の様についつい「無駄に遠回り」をして帰宅してしまいます。

    歩きスマホは危ないですし、なによりずっと地図画面を眺めているよりは、街を眺めながらバイブ待ちの方が安全ですしテンションがあがります。

    勿論タマゴが孵りまくるので、「ふかそうち」もどんどん消費されます。

    アイテムも整理だけでは、追いつかないので1回追加で拡張しました。これは課金がとてもはかどりますね。

    レアポケモンもちゃんと捕まえられる

    さて、高CPのポケモンや、レアポケモンは捕まえられないのではないかということが、今回一番不安でしたが、結論から言うと大丈夫です。ミニリュウやニャース、ピカチュウもゲット出来ています。

    そして最後に高CPのストライクもゲットしたところで、今日の実験終了。

    さて結果は・・・・

    朝10時半に家を出て、9時間弱の外出の結果はこんな感じです。

    ストラクからズバットまでの95匹が新規に入手したポケモンでうち6匹がタマゴ等から入手したポケモンですので、89匹のポケモンをゲットできたことになります。

    一方アイテムはスーパーボールが+48ハイパーボールが+15(訳あり)と言う結果です。

    訳ありと書いてあるのは、実は途中でスクショ撮影中にシャワーズが出てしまい、そこだけ欲望に負けて手動でゲットしてしまったからです。すいません。

    「すごいキズぐすり」や「げんきのかけら」は、たまり過ぎてしまったので、「ズリの実」と共に途中で何度か整理していたのですが、ジム攻略用に枠をばっちり拡張してそれらを集めるのにも「ポケモンGOプラス」はとても向いてます。

    心配だったバッテリーの方もまだ半分外部バッテリーに余裕を残した状態で1日プレイ出来ました。
    バックグラウンドに回し、アプリをほとんど立ち上げなければ、意外とバッテリーは持つというのが感想です。

    「ポケモンGOプラス」用に1台「ポケモンGO」専用のスマホを用意するのも悪くないなと感じました。
    と、いうことで、ガチな「ポケモンGO」プレイがやりたくても出来ないあなたにこそオススメしたい「ポケモンGOプラス」の1日体験レポでした。

    関連キーワード: Pokemon GO, pokemongoplus, review
    1074 シェア
    544
    300
    33
    0
    197

    Sponsored Contents