Sponsored Contents

actioncamの最新記事

Image credit:
Save

GoPro Hero5 Black /Hero5 Session発表。ハウジングいらずの10m防水、ぶれ補正、音声操作機能搭載(価格変更)

Munenori Taniguchi
2016年9月20日, 午後03:45 in Actioncam
816シェア
469
198
0
149

連載

注目記事

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

IQOS、gloより5倍お得な加熱式タバコ「ヴェポライザー」で知っておきたいこと使い方やメンテ術解説(世永玲生)

View

人気記事

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた
101

カシオ PRO TREK Smart WSD-F20Xレビュー、アウトドア用スマートウォッチをゲレンデで試してみた

Hirotaka Totsu, 3 時間前
View
アクションカメラのGoProが、主力製品Heroシリーズの最新モデル Hero5 Black および Hero5 Session を発表しました。いずれも4K/30fpsでの撮影に対応し、手ぶれ補正機能、音声操作、クラウドサービスGoPro Plusへの自動アップロード機能などを備えます。

2014年発表のHero 4シリーズはシルバーエディション、ブラックエディション、2つのバリエーションを用意していました。また2015年のGoProはHero4 Sessionの発売やHero+LCDHero+を発表して少し寄り道をしていたものの、新モデルのHero 5ではBlackとSessionにモデルを集約しつつ、既存製品のいいとこ取りをしたモデルと言えそうです。

Gallery: GoPro Hero5 Black / Hero5 Session | 12 Photos

12

 
Hero5 Black /Hero5 Sessionともに他社製品で搭載されはじめている手ぶれ補正機構を搭載しました。「プロフェッショナル品質」をうたう電子式の手ぶれ補正機能は、これまでアクションカメラの代名詞とも言えるGoProに搭載されていなかったのが意外だったかもしれません。

Hero Session独自のウリだったハウジングいらずの防水機能は、新モデルでHero5 Blackにも継承され、Hero5 Black/ Hero5 Sessionともに標準で10mの防水仕様となりました。

また、7か国後対応の音声操作機能を新搭載したのも両モデルの大きな特徴。さらに充電中の撮影データをクラウド(GoPro Plus)へ自動アップロードする機能も搭載しています。

一方、Hero5 Blackのみの強化ポイントとしては、本体の操作ボタンを整理、操作性を向上したほか、RAWモードおよびWDR(多重露出)モードでの静止画撮影機能、GPS搭載によるジオタグ付きデータ記録機能などがあげられます。また背面には2インチの液晶タッチディスプレイを搭載しています。

いずれも既存のGoProマウントを使用可能。買い増しのユーザーなら本体の購入だけですぐにでも撮影に使えます。GoPro5シリーズのうち、Hero5 シリーズはいずれも10月3日より国内発売を開始します。税抜価格はHero5 Blackが4万7000円4万7500円、Hero5 Sessionは3万8000円3万6500円です。

なお、GoProの日本語サイトでは10月2日発売との記載になっており、1日早く注文を受け付ける模様です。
 

BGMの歌詞が「呼んでる~かい x3、巨乳~」と聞こえるのはたぶん気のせいです

816シェア
469
198
0
149

Sponsored Contents