Sponsored Contents

imessageの最新記事

Image credit:
Save

iOS10で「iMessege」が大幅進化!アニメーションつきメッセージが楽しすぎる:iPhone Tips

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2016年9月20日, 午後02:00 in Imessage
117シェア
0
117
0

連載

注目記事

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


iOS史上最大となったiOS10のリリース。なかでも大幅に進化したのが「メッセージ」アプリです。その「メッセージ」アプリから利用できる「iMessage」では、送信したメッセージの背景にアニメーションを入れたり、送信した画像を砂で隠したように加工できたりと、さまざまな仕掛けを施せます。

メッセージの背景にアニメーションを入れる

「iMessage」は、iOS同士であれば無料でメッセージのやり取りができる便利な機能。iOS10にアップグレードすることで、送信したメッセージの背景にアニメーションを入れ、遊び心たっぷりに自分の気持ちを伝えられます。まず、メッセージを入力したら入力欄左にある青い矢印を3D Touchしましょう。


▲メッセージ入力後に青い矢印を3D Touch(左)。切り替わった画面で「スクリーン」をタップします(右)。

メッセージの背景に入れるアニメーションは、「スクリーン」をタップしたあとに切り替わった画面で選択できます。ほかのアニメーションを選ぶには、画面をスライドしましょう。上の画像では、「風船」のアニメーションが選択されていますが、選択できるアニメーションは全部で5種類あります。


▲「紙ふぶき」(左)と「レーザー」のアニメーション(右)。


▲「花火」(右)と「流れ星」のアニメーション(右)。


▲どのアニメーションを送るか決めたら、メッセージ横の青い矢印をタップ(左)。送信後、メッセージ画面の背景にアニメーションが反映されます(右)。

送信した画像を「見えないインク」で加工する

iOS10の「iMessage」では、送信画像を加工することもできます。ここでは、画像を砂で隠したように加工できる「見えないインク」機能を紹介しましょう。


▲メッセージ入力欄左にあるカメラのアイコンをタップ(左)。続いて送信する写真を選択し、メッセージを入力したら青い矢印を3D Touchします(右)。


▲切り替わった画面で「見えないインク」をタップ(左)。メッセージ横の青い矢印をタップします(右)。

これで相手に「見えないインク」加工を施した画像を送信できました。画像が送られてからすぐの状態だと、画像やメッセージには砂がかかったように表示されますが、画像を指でこすると徐々に画像が鮮明になっていきます。送信画像でサプライズ効果などを狙いたいときに活用しましょう。


▲送信してすぐの状態の「見えないインク」加工が施された画像(左)。画像を指でこすると、画像が鮮明になっていきます(右)。

iOS10へのアップグレードにより、「iMessage」では文章以外でも相手に感情を伝えられるようになりました。アニメーションや画像加工の機能を使えば、「LINE」のような既存のメッセージアプリと同じくらいメッセージに遊び心を加えられます。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: imessage, ios10, iphone, tips
117シェア
0
117
0

Sponsored Contents