Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

iPhone 7/7 Plusのベンチマークスコア、大半のMacBook Airを上回ると判明

Kiyoshi Tane
2016年9月20日, 午後04:00 in A10
1772 シェア
701
620
140
10
301

連載

注目記事

人気記事


今月16日発売のiPhone 7/Plusに搭載された高性能プロセッサのA10 Fusionチップ。著名なアップル系ブログサイトDaring Fireballのジョン・グルーバー氏がベンチマークソフト「Geekbench 4」で測定したところ、その処理能力は大半のMacBook Airを上回るスコアを叩きだしたことが報告されています。さらに13インチ型MacBook Proの2013年モデルとほぼ同程度の性能であると判明し、スマホ向けプロセッサの凄まじい進化を証明する結果となっています。

今回の測定に使用されたのは、Windows/macOS/Linux/Android/iOS向けにリリースされているカナダPrimate LabsのGeekbench 4。スマホとPCを同じ条件のもとで比較できる定番のベンチマークソフトです。

ジョン・グルーバー氏のテストによると、iPhone 7/Plusは他の最新型Androidスマホを上回るスコアを測定。シングルコア(負荷の少ない作業のパフォーマンス)ではGalaxy S7やOne Plus3など他社のフラグシップモデルに圧倒的な差をつけ、マルチコア(3D処理など重い作業でのパフォーマンス)でも上回る結果を叩き出しています。

Bench
さらに同じアップル製品であるMacBook Airとの比較においても、iPhone 7/Plusは、シングルコア・マルチコアともに、ほとんどのモデルを上回る結果となっています。Intel Core i5を搭載したMacBook Air (13-inch Early 2015)は辛うじてマルチコアで僅差をつけていますが、シングルコアでは完敗です。
Bench
しかもiPhone 7/plusのシングルコアスコア「3450」、マルチコアスコア「5630」という数値は、2013年発売のIntel Core i5搭載MacBook Pro (13-inch Retina Late 2013)とほぼ同等。すでにiPhone 7 Plusの256GBモデルはMacBook Airの最下位モデルを超えるお値段ですが、それに見合ったパフォーマンスの向上は実現されているようです。

Via: MacRumors
Source: Daring Fireball
関連キーワード: a10, benchmark, Iphone7, MacbookAir
1772 シェア
701
620
140
10
301

Sponsored Contents