Sponsored Contents

mvnoの最新記事

Image credit:

スマホの通信制限、女性の約3割が「1週間以上」──NTTコミュニケーションズが女性対象に意識調査

TOKORO KEI
2016年10月3日, 午後04:00 in Mvno
521 シェア
125
220
20
0
156

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View
スプラトゥーン2連携アプリ Nintendo Switch Online 配信。戦績確認の『イカリング2』、音声チャットや招待も

スプラトゥーン2連携アプリ Nintendo Switch Online 配信。戦績確認の『イカリング2』、音声チャットや招待も

View


格安SIMサービス「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズは、20〜40代の女性 500人を対象に「スマートフォンに関する意識調査」を実施し、その結果を公開しました。調査手法はインターネットリサーチ、期間は9月13日〜14日です。

同社によると、当初男性が大半だった格安SIM(格安スマホ)の購買層に変化が見え、最近では女性の利用者も増加傾向となっているとのこと。そこで、今回の調査では、これから格安SIMの利用が増えると想定される20〜40代女性に対し、格安SIMへの興味や現在のスマートフォンの利用状況などを尋ねています。

Gallery: NTT.com スマートフォンに関する意識調査 | 8 Photos

同調査では、まず生活費のなかで節約したいと思っているものを女性に質問したところ、全体の70.2%が「スマートフォンの利用料金」と回答。年代別で見ると、とくに30代の女性が顕著で、約8割がスマートフォンの利用料金を節約したいと考えていることがわかりました。



なお、もしスマートフォンの利用料金を節約できたとしたら、何に充てたいかを尋ねたところ、全体の67.8%が「将来のための貯蓄」と回答。「飲食費」(22.2%)、「旅行・レジャー費」(19.6%)を大きく引き離す結果となっています。

次に、格安スマホ・格安SIMの購入を検討したことがあるかを質問。すると、購入を検討したことが「ある」「少しある」と回答した人は、全体で29.6%、年代別では30代が最も多く34%となりました。

格安SIMの購入に踏み切れない理由1位:サービスがわからず不安

また、格安スマホ・格安SIMの購入を検討したことがある女性に、格安SIMの購入に踏み切れない理由を聞いたところ、最も多かったのは「サービスや契約内容が分からず不安」(40.8%)という回答。次いで「契約更新のタイミングでない」(29.6%)、「街中にお店がないので、故障や操作などの相談ができない」(25.0%)などが挙げられました。

女性の過半数がスマホの速度制限を心配

一方、現在のスマートフォンの利用状況に関して、毎月のデータ容量の残りを心配しながら、スマートフォンを利用したことがあるかどうかを質問。すると、全体の54.8%が「よくある」「ある」と回答しており、データ通信をプランの容量ぎりぎりまで利用していたり、容量を超過して、いわゆる通信速度制限の状態になっている女性も多いことがうかがえます。



さらに、これまでに通信速度制限を経験したことがある人に対し、その平均日数を質問したところ、「1週間以上」が26.8%、次いで「1日」が25.4%、「2日」が16.6%となりました。月末の1週間以上も前から、すでにデータを使い果たしてしまっている女性が意外に多いこと明らかとなりました。

521 シェア
125
220
20
0
156

Sponsored Contents