Sponsored Contents

aacの最新記事

Image credit:
Save

オーディオテクニカからフルデジタル再生無線ヘッドホンATH-DSR9BTなど2機種。aptX HDとUSB経由96kHz再生に対応

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年10月14日, 午後06:00 in Aac
105シェア
0
105,"likes":26
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
オーディオテクニカが、48kHz/24bit伝送可能なaptX HDに対応するBluetoothヘッドホンATH-DSR9BTを発表しました。完全新設計の専用ドライバーでデジタルオーディオをデジタル信号のまま再生するDnoteにも対応し、「冴え冴えとした鮮明な音を再現する」とのこと。

ATH-DSR9BTの下位モデルとしてATH-DSR7BTも同時に発表。こちらは人気モデルATH-MSR7の基本設計を継承しつつ、Bluetooth化し、AptX HDおよびDnoteにも対応しています。

Gallery: Audio-technica ATH-DSR9BT / STH-DSR7BT | 6 Photos

6

両モデルとも、Bluetooth送信されるデジタル信号をデジタルのままドライバーまで伝送し、Dnote技術対応の専用ドライバーでダイレクトに空気振動へと変換します。オーディオテクニカはこの一連のデジタル処理を「ピュア・デジタル・ドライブ」と名付けてアピールしています。

またBluetooth伝送の際、おそらく最も音質に影響すると思われるコーデックはBluetooth標準のSBCをはじめ、高音質コーデックとして馴染み深いAACとaptX、さらにはaptXの上位版として48kHz/24bit音声伝送に対応し普及し始めているaptX HDもサポートします。

Bluetooth経由だけでなく、PCなどとのUSB接続も可能で、その場合は最大96kHz/24bitのデジタル再生が可能。ハイレゾ音源の音質やドライバーの性能を最大限に活かしたいときは、USB接続が最適な選択肢となります。ただし、Dnote専用ドライバーを採用する関係上、ADCが必要となるアナログ入力は非搭載。アナログ出力しかない再生機器と接続するには別途Bluetoothアダプターなどが必要となります。

なお、イヤホンジャックがなくなってしまったiPhone 7などとの有線接続については、初のDnote対応ヘッドホンとして2014年に発表したATH-DN1000USBでは、カメラコネクションキット経由で接続はできるものの、消費電力が大きすぎて再生できなかったことから、今回のモデルでも同様とみておくのが良いかもしれません。

ATH-DSR9BT

ATH-DSR9BTは、新開発のハウジングに専用設計の45mm径トゥルー・モーションD/Aドライバーを搭載します。デジタル信号をダイレクトに音声変換するボイスコイルによって「微細な一音一音まで精確に描写する」とのこと。振動板は高剛性のDLC(Diamond Like Carbon)コーティングによって高音域の特性を高めています。

ハウジング部分のタップで曲操作ができるのは、最近のオーバーヘッド型ワイヤレスヘッドホンの標準的な機能と言えるかもしれません。

主な仕様は、再生周波数帯域が5Hz~45kHz(Bluetooth伝送帯域は20Hz~20kHz)、インピーダンス38Ω。A2DP /AVRCP /HFP /HSPの各プロファイルに対応。著作権保護機能のSCMS-Tにも対応します。スマートフォンなどとのBluetooth接続では内蔵マイクによる通話が可能。

内蔵バッテリーの駆動時間は約15時間、充電時間は約4時間。待機時間は最大1000時間。ヘッドホンの重さは約315gです。

発売日は11月25日。オープン価格で、店頭予想価格は6万円前後。

ATH-DSR7BT

ATH-DSR5BTも専用設計の45mm径トゥルー・モーションD/Aドライバーを搭載します。音域バランス調整用のデュアル・アコースティックレジスターや歪低減用のトップマウントPCB方式といった特徴は既発売モデル「ATH-MSR7」のそれを継承しており、ATH-MSR7を基本として最新のピュアデジタルドライブ機能を搭載したのがATH-DSR7BTといって良さそうです。

再生周波数帯域は5Hz~40kHz。インピーダンスは35Ω。プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。SCMS-T対応。スマートフォンなどでの通話用にマイクも搭載します。

内蔵バッテリーの駆動時間は約15時間、充電時間は約4時間。待機時間は最大1000時間。重さは約300g。

発売日は11月25日。オープン価格で、店頭予想価格は3万3000円前後です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

105シェア
0
105,"likes":26
0

Sponsored Contents