Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

一括650円のドコモオリジナルAndroidスマホ『MONO MO-01J』、12月発売

UTSUI JIN
2016年10月19日, 午後04:30 in Android
570 シェア
164
218
7
2
179

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



ドコモは、同社初となるオリジナルブランドのAndroidスマートフォン『MONO MO-01J』を、12月上旬に発売します。本体一括648円とリーズナブルな点が特徴。低価格でありながら、防水やVoLTEに対応、チップセットなどの性能も十分な仕上がりです。

なお、12カ月以内に機種変更すると、違約金として1万5800円が発生します。ドコモショップ店頭やドコモオンラインショップで予約を受付中。本体カラーは、White/Blackの2色。

Gallery: MONO MO-01J | 10 Photos

『MONO MO-01J』は、ドコモブランドとして販売する、Android 6.0搭載のZTE製スマートフォン。ディスプレイサイズは約4.7インチ(1280×720ドット)で、マナーモードのオン・オフを切り替える物理スイッチや、ストラップホールも搭載しています。また、キャップレス防水やVoLTE、ハイレゾ音源再生にも対応。

Other

チップセットはQualcommのMSM8952(1.5GHz+1.2GHz駆動のオクタコア)で、RAMは2GB、内蔵ストレージは16GBです。サクサクと動くよう、チューニングも施されているとのこと。最大128GBのmicroSDXCカードを装着できるmicroSDカードスロットも装備しています。

カメラの性能は、アウトカメラの有効画素数は約1330万、インカメラは490万画素。

Other

本体の大きさは約136×約69×約8.8mm、重さは約138g。バッテリー容量は2440mAhで、平均的な利用方法で約80時間動作するとしています。

無線規格はIEEE 802.11b/g/n、Bluetooth 4.1をサポートし、おサイフケータイには非対応。対応周波数は、LTEが2GHz/1.7GHz/1.5GHz/800MHz、3Gが2GHz/800MHz、GSMが1.9GHz/1.8GHz/900MHz/850MHzです。

また、別売で、ICカード入れ付きブックタイプケースも販売する予定です。

Other

【お詫びと訂正】 初出時、MONO MO-01Jの価格を「実質648円」と記していましたが、実際は「一括648円」の誤りでした。深くお詫びして訂正いたします。なお、端末代金を実質**円と表記する場合は端末代金ぶんを月々の通信料から割引するのに対し、一括**円とは一括購入時の端末代金そのものを示します。また、実質と一括では割引オプションの取り扱いが変わってくる場合もありますので、購入前によくご検討されることをおすすめします。

Source: MONO MO-01J
関連キーワード: android, docomo, zte
570 シェア
164
218
7
2
179

Sponsored Contents