Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:

ドコモ社長、発火問題のGalaxy Note 7にコメント「当初は発売を検討していたが...」

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年10月19日, 午後05:00 in Docomo
335 シェア
58
132
9
3
133

連載

注目記事

人気記事

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

View


「当初はラインナップに含めることを検討していたが」──そう語るのはNTTドコモの吉澤和弘社長です。発火問題で生産終了となったサムスンの最新スマートフォン Galaxy Note 7に関して、2016-2017年 新サービス・新商品発表会の場でコメントしました。

Galaxy Note 7は、サムスンが8月にグローバルで発売したフラグシップスマートフォン。Galaxy S7 edgeをベースに、デザインや仕様をブラッシュアップし、スタイラスのS-Penや虹彩認証、防水・防塵にも対応したモデルです。ハードウェアに関して海外で高い評価を得ており、日本ではNTTドコモとauが発売を予定していましたが、発火問題により幻に終わった経緯があります。

速報:サムスン「Galaxy Note 7」発表。初の防水防塵にデュアルエッジ、虹彩認証、USB-C採用



Galaxy Note 7について、NTTドコモの吉澤社長は、2016-2017 新サービス・新商品発表会の場で次のように語りました。「Galaxy Note 7は、我々もラインナップにいれることを検討していました。電池か回路か原因ははっきりしませんが、そういう(発火)状況になったので、取り扱わないという判断をしました。また、サムスンからも日本での販売は見送りたいという話もありました

Galaxy Note 7生産終了までの経緯をまとめ:山根博士の海外スマホよもやま話
サムスンGalaxy Note 7、旅客機持込に対して最大10年の懲役刑

関連キーワード: docomo, galaxy, note 7
335 シェア
58
132
9
3
133

Sponsored Contents