Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

速報:299ドルからのVRヘッドセット、PC各社が来年発売。Windows 10 PC対応のアクセサリ

Ittousai , @Ittousai_ej
2016年10月26日, 午後11:55
1425 シェア
500
719
0
206

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

Galaxyの祖国、韓国でiPhone X発売 雪の降る中、大行列ができるも不穏な動きが…

View


ニューヨークで開催中のWindows 10イベントより。マイクロソフトがVRヘッドセット製品を予告しました。

HPやデルなどWindows 10 PCを販売するパートナー企業各社が、Windows 10対応のVRヘッドセットを来年発売します。価格は299ドルから。




マイクロソフトは現実とバーチャルを視界に重ね合わせて表示する「電脳メガネ」的なMixed Reality デバイス HoloLens を開発者向けに販売していますが、今回予告されたVRヘッドセットはまた別の製品。

マイクロソフトは本日の発表で、来春予定の次期大型アップデート Creators Update を通じて、Windowsプラットフォーム全体が 3DやVR、Mixed Reality環境を導入してゆく姿勢を明確にしました。

VRヘッドセットはこうした流れから、Windows 10の VR環境はマイクロソフト製ハードウェアだけでなく、WIndows 10 PCメーカー各社のデバイスに対応すると示すため発表されています。

Windows 10に対応すること以外に詳細な説明はなく、299ドル「から」、ハイエンドまで幅広い製品が登場予定とされています。



Paint 3D や Skype、コルタナ、Edgeブラウザなどのアプリが空間に配置されたインターフェース。仮想の平面にアプリのウィンドウを貼り付けるだけでなく、3Dオブジェクトは空間に三次元的に配置されます。


訂正: 当初「単体型VRヘッドセット」としていましたが、正しくはPC接続型を含む「VRヘッドセット」です。混乱をお詫びして訂正いたします。

価格が299ドル以降であることや六軸自由度のモーションに対応する以外に詳しい情報はなく、各社から広い範囲の製品が登場予定とされていますが、「安価なノートPCに接続しても使えるVR周辺機器」と表現されるとおり、原則的には Oculus Rift や HTC Viveのように外部PCを接続するタイプの製品と考えられます。

1425 シェア
500
719
0
206

Sponsored Contents