Sponsored Contents

ricohの最新記事

Image credit:

リコーの廉価版360度カメラ『THETA SC』が販売開始。税込3万2800円で4色カラバリ、THETA Sより軽量化

TOKORO KEI
2016年10月28日, 午後04:00 in Ricoh
356 シェア
163
107
0
86

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

View
Surface Book 2発表。15インチ追加、GTX 1060も選べる歴代最高性能ノート&第八世代Core i7最軽量タブレット
6

Surface Book 2発表。15インチ追加、GTX 1060も選べる歴代最高性能ノート&第八世代Core i7最軽量タブレット

View
折り畳み2画面スマホ Axon M発表。2アプリを並列起動、6.75インチ大画面としても使える変態端末
9

折り畳み2画面スマホ Axon M発表。2アプリを並列起動、6.75インチ大画面としても使える変態端末

View


リコーは、スタンダードモデルの360度カメラ『THETA SC』の販売を開始しました。直販サイトのRICOH IMAGING Online Storeのほか、一部取り扱い店にて販売。直販サイトでの価格は3万2800円(税込)です。

高機能モデルのTHETA Sより約1万円安いスタンダードモデルながら、THETA Sと同等のレンズとイメージセンサーを搭載しているのが特徴。また、4色のカラーバリエーションが用意されているほか、本体の軽量化も実現しています。

Gallery: THETA SC | 9 Photos

『THETA SC』は、ワンショットで360度の動画・静止画が撮影できるRICOH THETAシリーズの低価格なスタンダードモデル。撮影した360度画像は、スマートフォンやタブレットに転送して閲覧できるほか、専用サイトのtheta360.comにアップロードしてSNSで共有することなどが可能です。

2015年に発売された高機能モデル THETA Sと同等の大口径レンズとCMOSイメージセンサーを搭載し、出力画素で約1400万画素相当の高精細な360度の静止画を撮影可能。また、動画撮影では、フルHD相当の1920×1080/30fpsの360度動画を記録することができます。

なお、THETA Sでは1回あたり最長25分間までの動画撮影が可能ですが、『THETA SC』の動画撮影時間は最長5分間までと短くなっています。また、ライブストリーミング機能が省かれているほか、HDMIインターフェイスが非搭載となっていることも、THETA Sと異なる点です。

内蔵メモリは8GB。カラーバリエーションは、ブルー、ベージュ、ピンク、ホワイトの4色展開です。

本体サイズは45.2(W)×130.6(H)×22.9(D)mm、重量は約102g。THETA Sよりわずかにサイズが大きく、重量は23gほど軽くなっています。


Source: THETA SC
関連キーワード: ricoh, ricoh theta, THETA SC
356 シェア
163
107
0
86

Sponsored Contents