brainの最新記事

Image credit:

「恐竜の脳組織」を含む化石を初めて確認。1億3300万年前に漬物状態で保存、鳥や爬虫類と多くの共通点

Munenori Taniguchi
2016年10月31日, 午後06:00 in Brain
496 シェア
97
230
29
12
128

連載

注目記事

人気記事

 
英国ケンブリッジ大学の研究者が、2004年にサセックス地域で発掘された化石に、恐竜の脳組織が含まれていたと発表しました。この脳組織の持ち主はイグアノドンの仲間とされ、酸素の少ない酸性の沼地に沈んだ状態だったために、頭蓋骨内に流れ込んだ土壌とともに漬物のような状態で良好な保存状態を保てたと推測されます。

脳組織は死後すぐに腐敗が進むため、自然環境の中で化石になることは殆どありません。しかもイグアノドンの仲間が生息していたのはおよそ1億3300万年前のことで、それが発見できたことは奇跡的なことと思われます。

研究者らは、この化石を走査型電子顕微鏡にかけ、血管やコラーゲン、髄膜や脳皮質といった構造を調査しました。そして、恐竜の脳が現代の鳥類や爬虫類と多くの共通点を持っていることがわかったとしています。また研究者らはすでに脳化石のCTスキャンも行っており、現代の動物との比較用に詳細な3Dスキャンも計画中とのこと。

このような発見が続くことはまず期待しないほうが良いといえますが、今回の事例のように、脳組織が頭蓋骨内に流れ込んだ土壌とともに残っている可能性があるということがわかっただけでも、重大な発見と言えそうです。もしかすると、これまでにみつかった恐竜の頭蓋骨内の土壌の化石も、もう一度調べなおす価値があるかもしれません。
 

496 シェア
97
230
29
12
128