Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

タグ・ホイヤーがスマートウォッチ「Connected」に新色ローズゴールドを追加。価格は100万円超え

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2016年11月1日, 午後05:30 in Android
101シェア
0
101
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
 
高級腕時計ブランドのタグ・ホイヤーが、スマートウォッチConnectedの新色ローズゴールドを発表しました。価格は9900ドル(約104万円)。Connectedの通常価格1500ドルをバーゲン価格だと思っていた人などにおすすめの製品です。

ローズゴールドといえば、タグ・ホイヤーの製品には欠かせない色です。しかし、これまでローズゴールドのスマートウォッチといえば、まず思い出されるのはApple Watchでした。しかしすでにアップルは初代Apple Watch Editionモデルの販売を終了しており、現在は最も高いセラミックケースのApple Watch Series 2 Editionモデルでも12万円台からという価格設定に落ち着いています。

一方、タグ・ホイヤーのConnectedにローズゴールドがないのが不満だった人や、ローズゴールドという色に魅力を感じるスマートウォッチ愛好家(のうちお金に余裕のある人)に対しては、アップルに変わってタグ・ホイヤーがスマートウォッチの大本命に躍り出ることになりそうです。まして、日本円で200万円を超える価格が話題となったあの四角いスマートウォッチに比べれば、Connectedのローズピンクモデルは、それでもまだバーゲン価格といえるかもしれません。

ちなみに、Connected ローズゴールドバージョンのケース以外の仕様は従来モデルと同じ。インテル製チップセットを内蔵し、1GB RAM、410mAhバッテリーで動作するAndroid Wearスマートウォッチです。1.5インチの丸型液晶ディスプレイはサファイヤクリスタルガラスでカバーされています。バンドはブラウンのレザー製。

米国において、Connected ローズゴールドバージョンは店頭のみでの発売となる模様。本気で購入するのであれば、タグ・ホイヤー正規販売店まで出向かなければなりません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

101シェア
0
101
0

Sponsored Contents