Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル直販のローン金利が24回まで0%に。24回払い特別分割金利0%キャンペーンが復活、60回でも金利5%

新型MBPなどでは月々価格の表示も

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2016年11月21日, 午後08:00 in apple
222シェア
0
222
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

アップルは、同社のショッピングローン金利が24回払いまで実質年率0%で利用できる「24回払い特別分割金利0%キャンペーン」を開始しました。既に開催中です。
同キャンペーンは2015年末から実施していましたが、9月にiPhone 7/Plus発表とともに終了していました。新型MacBook Proの出荷や年末商戦に向け、それがまた復活した格好です。

これを受けて新型MacBook Proの購入ページなどでは、価格の下に24回分割時の月々価格を表示するなど、売る気満々な状態となっています。


▲アップル公式直販の13インチMacBook Proページ。このような表示が付いています


実際の適用条件は、合計3万円(税込)以上の製品を同社Web直販か直営店にて購入すること、そして提携ローン会社との契約が成立する(審査をパスする)ことです。
メリットは文字通り、24回までのショッピングローンの金利が0%となる点。金利手数料の差額はアップルが負担します。これにより、24回払いまでのショッピングローン分割(6回、10回、12回、18回、20回、24回)はすべて0%扱いとなります。なお、30回から60回のローンの実質金利が年率5%と低いのもポイントです。

なおアップルは学生・教職員に向けた優待価格販売も実施していますが、こちらとも併用可能。Web直販では「学生・教職員向けストア」から購入することで、併用が可能です。


さて、本誌でも紹介しましたが、そもそも昨今はいわゆる「アップルレート」、つまりアップル製品の内外価格差がMacを中心にかなりお得な状態。

具体的には、SIMフリーiPhone 7とPlusでこそ1ドル=約111円前後と11月21日現在の為替と同程度ですが、iPadの主要製品は1ドル=約104円換算。さらに主要なMacは1ドル=約99円換算となっており、iPod Touchの一部製品などでは1ドル=約97円換算に設定されているモデルもあります(下記記事を参照ください)。

iPod touchが最大1万円の値下げ、iPhone 7合わせでドル円レート改定。nanoとshuffleも同時値下げ

アップルがMac既存機種を大幅値下げ、12インチMacBookやiMacは2万円前後安価に。米国での価格と逆転

Engadget読者であればご存じのように、アップルは販売店側の安売りがほぼないため、こうした価格的に有利となるキャンペーンやアップルレートが有利なタイミングでの購入は、お買い得に同社製品を購入するためには重要な戦略となります。

実際に今回のMac価格改定に際しては、こうした事情を知ってるユーザーの間からは「これで24回ローン金利0%があったら......」という声をけっこう聞きました。

今回のキャンペーンは終了時期の明示がないためいつまでの開催かはわかりませんが、いずれにせよ分割での購入を考えている方にとっては、実質的なお買い得度が大きく増した(とくに高価なモデルやまとめ買いでは)という点は間違いないところです。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

222シェア
0
222
0

Sponsored Contents