Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:

アップル、iPhone 6sが不意にシャットダウンする不具合に対応しバッテリー交換プログラムを開始

2015年9~10月製造の端末。iPhone 6は対象外

Munenori Taniguchi
2016年11月21日, 午後11:30 in mobile
2599 シェア
1591
737
37
0
234

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View
 
アップルが、iPhone 6sの一部でバッテリー残量が半分ほど残っているにも関わらず勝手にシャットダウンしてしまう問題に対してバッテリーの無償交換を実施すると発表しました。対象となるのは、2015年9月から10月までの間に製造され、該当するシリアル番号を持つiPhone 6s。

アップルといえば、つい先日iPhone 6 Plusのタッチパネル不具合の修理プログラムに重い腰を上げたばかり。一方今回の電源シャットダウン問題はiPhone 6sのバッテリー残量が60~50%前後になると突然、シャットダウンしてしまうという問題で、AppleInsiderなどは症状の現れたiPhone 6sが低品質なサードパーティー製充電器がiPhoneの充電システムにダメージを与え、実際は空なのにシステムには残量があるように見えてしまうのが原因ではないかとの見解を紹介しています。

アップルが用意したバッテリー交換プログラムは、2015年9月から10月までの間に製造した「限られたシリアル番号の範囲内のデバイス」が対象。不具合内容は「予期せずシャットダウンすることがある」とだけあり、上記の問題が発生している端末すべてを完全にカバーするものかは不明です。同様の不具合はiPhone 6でも報告されているようですが、今回のプログラムには(またも)iPhone 6は含まれません。

もしお使いのiPhone 6sの電源が不意に落ちてしまうようなことがあるのなら、一度シリアル番号を確認しておくことをおすすめします。

ただ、記事執筆時点ではいつものようにアップルのウェブサイト上にシリアル番号などを入力して確認するページが用意されていません。ユーザーはバックアップをとったうえでアップルストア店舗か、正規のサービスプロバイダーにiPhoneを持ち込んで、そこでシリアル番号を確認してもらわなければならないとのこと。また画面にヒビが入っているなどの問題がある端末の場合は先にそちらの修理を済ませておく必要があります。

さらに当日のバッテリー交換ができない可能性もあるので、アップルストア店舗、正規サービスプロバイダへ持ち込む前には予約もしくは当日の作業が可能か問い合わせておくと安心です。
Source: Apple
関連キーワード: apple, Battery, Fault, gear, iPhone6s, mobile, Recall, Replacement, Warranty
2599 シェア
1591
737
37
0
234

Sponsored Contents