Sponsored Contents

tipsの最新記事

Image credit:
Save

iPhone 7を買ったら試したい!直筆やイラストでアレンジしたメッセージを送信する方法:iPhone Tips

iPhone 7以外でもiOS 10が入っていれば使えます

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2016年11月22日, 午前07:00 in tips
98シェア
0
98
0

連載

注目記事

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
iOS10の「メッセージ」アプリでは、手書きのメッセージや自分で描いた簡単なイラストを送信できます。出来合いのスタンプやテンプレートのイラストとはひと味違った手法で、メッセージを彩ってみましょう。

手書きのメッセージを送信する

「メッセージ」で手書きのメッセージを作成するには、まずiPhone本体を横に傾け、メッセージを書くための画面を表示します。メッセージの入力画面には、メッセージのテンプレートも表示されているので、「手書き風のメッセージを手早く送りたい」という場合に活用できます。

▲「メッセージ」を起動し、iPhoneを横に傾けると手書きメッセージの入力画面が出現します。空白部分に指やタッチペンでメッセージを書き込みましょう。画面下にはテンプレートメッセージも表示されます。


▲メッセージを書き込んだら、画面右上の「完了」をタップする

これで送信する手書きメッセージが完成しました。なお、メッセージが入力画面からはみ出てしまった場合は、画面を2本指でスライドしてメッセージが画面内におさまるよう調整することができます。

手書きメッセージの作成が終わると、メッセージの画面に切り替わります。相手にメッセージを送信するには、ここで青い矢印をタップしましょう。


▲青い矢印をタップするとメッセージを送信できます。手書きメッセージの下にある入力欄から、テキストメッセージを添えることも可能

手描きのイラストを送信する

「iMessage」の「Digital Touch」という機能では、自分で描いた簡単なイラストを送ることができます。送信されたイラストは、書き順に従ってGIF画像のように再生されます。


▲「Digital Touch」を起動するには、メッセージ欄左にあるハートのアイコンをタップ(左)。続いて、画面右下のアイコンをタップする(右)。


イラストを描く画面が大きく表示されます。画面上にあるパレットから色を選び、イラストを描き込んでいきましょう。


▲画面上にあるパレットから、使いたい色をタップして選択。イラストを描き終えたら、青い矢印をタップ(左)。送信された画像は、書き順通りに再生される(右)


イラストを描く以外にも、「Digital Touch」ではタッチ操作ごとにスケッチを作成できます。


▲画面を指1本でタップすると、円型のスケッチが見え隠れする(左)。指を強く押し込むようにタップすると、火の玉のようなスケッチが出現(右)


▲2本の指で画面をタップすると、キスマークのスケッチが表示される(左)。強く押し込むように2本指で画面をタップした場合は、ハートのスケッチが出現(右)。なお、2本指で画面をタップしたまま下にドラッグすると、2つに割れたハートが描ける

iOS10以前の「iMessage」では、メッセージのデコレーション機能が絵文字や顔文字に限られており、ほかのメッセージアプリに比べて文面が無機質になりがちでした。手書きのメッセージやイラストなど新しい機能を使って、文章以外でも自分の感情を表現していきましょう。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

98シェア
0
98
0

Sponsored Contents