Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

残容量500MB毎に100円割引。使った分だけ料金を支払うIIJの新格安SIMプラン開始。契約には端末とセット購入必須

Katsuyuki Yasui
2016年11月24日, 午後06:30
170シェア
0
170
0

連載

注目記事

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、利用可能な3GBもしくは7GBのデータ通信量が使い切れなかった場合に、余った容量500MBにつき100円を利用料金から割り引く新プラン「IIJmioモバイルプラスサービス エコプラン」の提供を開始します。申し込み開始は12月1日から。

「使った分だけ」の支払い。月額500円から利用可能

月額数千円で大幅に通信費を抑えられる格安SIMですが、月によってはプランで決められている通信料を使いきれない場合もあります。

「節約というよりも、無駄なことが嫌い。無駄なことにお金を遣いたくない」と考える人に向けて提供されるのが、今回の新プラン「IIJmioモバイルプラスサービス エコプラン」です。

プランは3GBの通信容量の「エコプランミニマム」(900円/月、税抜)と7GBの「エコプランスタンダード」(1700円/月、税抜)の2つ。特徴はいずれのプランでも、通信容量が余った場合、その月の通信量が500MBにつき100円割り引かれる点にあります。

例えば、エコプランスタンダードを利用する場合、従来のプランであれば毎月、1700円(税抜)の支払いが発生します。しかし、ほぼ利用せず6GBの通信量が余ったら「6GB=500MB×12」、つまり「100円×12=1200円」の割引が行われ、その月の請求額は500円になります。

格安SIMを利用していても、何がしかの事情で使えていなければ、安価なはずの利用月額料金ですら高額に感じられるものです。そういった場合に本プランを利用することで、無駄な通信費の削減を図れるというわけです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

音声通話機能を追加すれば、月額1600円と2400円

「IIJmioモバイルプラスサービス エコプラン」では、3GB/7GBのデータ通信量を超えた場合でも、上限値の変更が最大20GBまで可能です。割引額を計算するデータ通信の残量は500MBごとになりますが、上限値の変更は1GB単位での変更になります。変更に料金はかからず、上限値の設定は翌月にはリセット。

また、データ通信量を超えた場合、低速通信になりますが、その際のデータ通信量は計算にカウントされずに使い続けることができます。

「IIJmioモバイルプラスサービス エコプラン」で提供されるSIMは、SMS機能付きのデータ通信ができるもの。音声通話機能を付与すると月額700円(税抜)が必要となり3GBの「エコプランミニマム」は1600円(税抜)に、7GBの「スタンダード」は2400円となります。いずれのプランでも最大3枚までSIMを追加することができ、1枚につき400円/月(税抜)が必要。ただし、上でも触れたとおり、500MBにつき100円の割引はいずれのプランでも適用されます。

つまり、「エコプランミニマム」と「エコプランスタンダード」の違いは、初期設定されている高速データ通信量だけ。IIJによれば、3GBはMVNOのプランを、7GBは携帯キャリアのプランをそれぞれ参考にして定めたものとのこと。いずれにしても使った分だけの請求となります。

SIMのみの提供なし。「かけ放題」などのサービスはオプション

「IIJmioモバイルプラスサービス エコプラン」を利用するにあたり注意が必要なのは、本プランがIIJmioサプライサービスで直販している端末とのセットになっているところ。SIMのみでの提供はないとのことです。

本プランはauの4G LTEL回線を利用しているため、現時点で選べる端末は、au VoLTEに対応したASUSのZenFone 3や富士通のarrows M03など4種類のみ。利用するにはこれらのスマホを一括もしくは分割で購入する必要があります(ASUSのZenFone 3の場合、一括支払いは税抜3万8800円、分割払いは税抜1650円×24回)。

本プランはオンラインで先行して提供され、家電量販店などでの提供は未定とのこと。初期費用は3000円(税抜)、音声通話の通話料金は20円/30秒。プランにはかけ放題プランは含まれておらず、希望する場合は別途、オプションとして追加選択しなければなりません。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

170シェア
0
170
0

Sponsored Contents