Sponsored Contents

bluetooth speakerの最新記事

Image credit:

ドリンクボトル、Bluetoothスピーカー、LEDライトの機能が1つになった『PLAYFUL BASE』がMakuakeに登場

ドリンクボトルを照らし、ランタンとして使えます

UTSUI JIN
2016年12月6日, 午後05:00 in bluetooth speaker
294 シェア
102
104
0
88

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

View


スマートフォン関連グッズを中心に手がけるHameeの子会社 ROOTは、クラウドファンディングサービス Makuakeにて、ランタンやBluetoothスピーカーといった機能を詰め込んだ多機能ガジェット『PLAYFUL BASE ランタンスピーカーボトル』のプロジェクトを開始しました。

ボディカラーはシルバー、ネイビーの2色を展開。本体の一般販売予定価格は各色1万800円(税込、以下同)ですが、最安20%引の8640円のコースから用意されています。本プロジェクトで支援した場合の発送時期は2017年3月中旬から下旬を予定。なお、一般発売は3月末~4月上旬とのこと。

Gallery: PLAYFUL BASE ランタンスピーカーボトル | 10 Photos

『PLAYFUL BASE ランタンスピーカーボトル』は、容量2000mAhのバッテリーを内蔵したBluetooth 4.2対応スピーカー、120ルーメンの白色LEDライト、ドリンクボトルのパーツから構成されたアウトドア向けガジェットです。IP65相当の防水・防塵性能を有し、アウトドアだけでなく浴室内など幅広いシーンでの利用を可能としています。

Other

そのままLEDライトを点けるとドリンクボトルの部分が光り、周囲を照らすランタンとして使えます。ボトルに飲み物を入れておくと飲み物の色を反映した光に変化し、場の雰囲気に合わせて飲み物を変えるといった活用も可能。また、ボトルパーツを外すと、懐中電灯としても利用でき、ボトルパーツとは別に背の低いシェードパーツと交換して使うこともできます。

Other

Bluetoothスピーカーとしての性能は出力3W、対応周波数帯域は80Hz~20kHz。音圧感度は80dB±5dBです。連続再生可能時間は10時間で、LEDライトとの同時使用だと6時間になります。本製品の大きさは215×70mm、重量は約200g。

別途、Bluetoothスピーカー底部に接続・給電できる容量6000mAhのモバイルバッテリーも販売。防水キャップ付きのUSBポートも2つ搭載し、スマートフォンなどの充電にも使えます。また、同社独自構造の防水仕様ケーブルも付属し、充電中も防水環境を保ち続けます。このケーブルは、『PLAYFUL BASE ランタンスピーカーボトル』にも付属しています。

Other

なお、Makuakeのページ内でボトル上部のパーツの形状は2種類見られますが、持ち手の付いた方はプロトタイプで、正式にはフラットなタイプが採用されます。

Source: Makuake
関連キーワード: bluetooth speaker, hamee, makuake
294 シェア
102
104
0
88

Sponsored Contents