Sponsored Contents

huaweiの最新記事

Image credit:

ファーウェイ、1万円台半ばで心拍も測れるスマートウォッチ「HUAWEI FIT」12月16日発売決定

ブラックとオレンジの2色展開

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2016年12月13日, 午後05:30 in huawei
721 シェア
214
222
0
285

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



ファーウェイは、税別1万5800円と低価格ながら、心拍数も測れるスマートウォッチ兼スポーツリストバンド「HUAWEI FIT」を12月16日に発売します。時刻表示のほか、毎日のアクティビティ、エクササイズ、睡眠、心拍といったデータを記録。連続使用時間は公称で6日間をうたいます。


外観は、レガシーな時計を思わせる丸型のアルミケースのデザイン。フェイスのデザインは6種類の中から好みのものを選択できます。

スポーツ用の製品ということもあり、ベルトは汗がたまりにくいように表面を波形にする工夫も。一般的な時計と同じサイズの18m幅を採用しており、市販のベルトとも交換できます。



また背面にはLED方式の心拍センサーを搭載。24時間定期的に心拍を測定でき、運動時に運動強度を把握する際に便利です。また、独自の肌色識別アルゴリズムを採用し、肌の色に応じてフォトセンサーで光の強さを調整することで、測定の精度を更に高めたと説明しています。

ダイエットを目的とした有酸素運動、筋力アップを目的とした無酸素運動など、利用者の目的や体力に合わせて最適なトレーニングをアドバイスするコーチング機能を搭載します。

Bluetoothでスマートフォンと連携し、着信やメールの通知をリアルタイムに確認可能。このように、スマートウォッチとしての機能も備えます。その他、長時間に座りっぱなしを防止するアラートや、バッテリーが少量になった場合のアラート、アラーム機能も備えます。


生活防水にも対応


センサー類は6軸(加速度・ジャイロ)、CAP、心拍(PPG)、アンビエントライトを搭載。ディスプレイは1.04インチの有機ELで解像度は208 x 208ピクセル。

Bluetooth 4.2 BLEに対応し、Android / iOSスマートフォンと連携して使用できます。カラーバリエーションはブラック・オレンジの2色展開です。

機能のメインは活動量計ですが、丸いフェイスでスマートウォッチとしても使えるHUAWEI FIT。心拍センサーを搭載しながら、税別1万円台半ばという価格も魅力的です。
関連キーワード: huawei, huawei fit, smartwatch, watch, wearable, wearables
721 シェア
214
222
0
285

Sponsored Contents