Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ファーウェイが2K液晶搭載の8.4型Androidタブ『HUAWEI MediaPad M3』3モデルを発表。Wi-Fiモデルは約3万2000円で発売

プレミアムモデルはAKG製イヤホンも同梱して4万2800円

UTSUI JIN
2016年12月13日, 午後02:05 in 2K
441 シェア
64
160
10
3
204

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



ファーウェイ・ジャパンは12月16日、Androidタブレット「HUAWEI MediaPad M2」の後継機として『HUAWEI MediaPad M3』を発売します。前モデルと同様、サウンドチューニングはハーマンカードンが担当するなどサウンド面にこだわりつつも、スペックを全体的に強化しています。

Wi-Fi/LTEにそれぞれ対応したシルバーカラーのスタンダードモデル、LTE対応のゴールドカラーのプレミアムモデルを展開。市場想定価格はスタンダードのWi-Fiモデルが3万1980円(税別、以下同)、LTEモデルが3万7800円、プレミアムモデルは4万2800円。MVNOはイオンモバイル、楽天モバイルなどで販売し、家電量販店はビックカメラ、ヨドバシカメラが、その他Amazon.co.jpやNTT-X StoreなどのECサイトでも販売します。

Gallery: HUAWEI MediaPad M3 | 8 Photos

『HUAWEI MediaPad M3』は、2K(2560×1600ドット)という高精細な8.4インチのIPS液晶を搭載した、Android 6.0タブレットです。ボディは人間工学を取り入れたラウンドデザインとメタルフレームにより、高級感を演出しています。

Other

サウンドはハーマンカードンの技術でチューニング。ファーウェイ独自のサラウンド技術「SWS 3.0」と音を増幅させつつ歪みを減少させるシステム「SMART PA」、そしてデュアルスピーカーにより臨場感のあるダイナミックなサウンドを実現するとしています。音を忠実に再現するという「Hi-Fi DAC チップ AK4376」も内蔵し、オーディオ性能にこだわりが見られます。

Other

チップセットはHisilicon Kirin 950(2.3GHz×4コア+1.8GHz×4コア)、RAMが4GB、内蔵ストレージ容量は32GB。最大128GBのSDXCにも対応しています。カメラ性能は背面・前面どちらも800万画素。そのほか、AbemaTVアプリをプリインしているのも特徴です。

無線規格はIEEE802.11 a/b/g/n/ac、およびBluetooth 4.1をサポートしています。LTEに対応したスタンダードモデルとプレミアムモデルの対応周波数帯は、FDD-LTEがBand1/3/5/7/8/19/20/28、TDD-LTEがBand38/39/40/41、W-CDMA(3G)はBand1/2/5/6/8/19。また、GSMの850/900/1800/1900MHzもカバーしています。SIMカードスロットはnanoSIMサイズ。

本体の大きさは約124.2×215.5×7.3mm、重さは約310g。測位方式はGPS/Glonass/Beidouをサポートし、LTE対応モデルならAGPSも対応しています。前面には指紋認証センサーも備えるほか、加速度/照度/電子コンパス/ジャイロ/ホールセンサーも装備。バッテリー容量は5100mAh。

スタンダードモデルとプレミアムモデルの差は、プレミアムモデルはストレージが64GBである点。また、AKGブランドの本製品専用イヤホン「AKG H300」も付属します。

Other

441 シェア
64
160
10
3
204

Sponsored Contents