Sponsored Contents

ActionCameraの最新記事

Image credit:
Save

生活防水仕様ジンバル「FEIYU TECH G5」。GoProHero5にも対応

生活防水なので水中は非対応

中田ボンベ(Bonbe Nakata)
2016年12月15日, 午後06:30 in Actioncamera
219シェア
34
80
0
105

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

Ittousai, 2月23日
View
新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

Kiyoshi Tane, 22 時間前
View

輸入事業を展開する株式会社Growは、生活防水仕様ジンバル「FEIYU TECH G5」を発売しました。2015年にiPhone用ジンバル「G4 Pro」を発売した中国Feiyu Tech社の新製品。

G5は、生活防水機能を搭載している点が特徴。同社はこれを「世界初」としています。これによって、雨や雪など悪天候の条件下でも、ジンバルを用いた撮影が可能になります。防水対応のGoProHero5にも対応しており、両者を組み合わせることでよりタフな撮影シーンに対応させられるようになりました。



最新のブラシレスモーターを使用していることも特徴の一つ。撮影時のブレ補正と、静音駆動の両立を図ります。また、Feiyu-Tech社が提供するアプリ「Feiyu Setting」(対応はiOSのみ)を使うことで遠隔操作も可能となっています。ただし、あくまで生活防水仕様なので水中での使用は想定されていません。塩水も非対応なので、海での使用は気を付けたいところです。


本体のみの重量は271g。GoProHero5、Hero4、Hero3+、Hero3、SJ5000X、SJ4000、またこれらに準ずる大きさのアクションカメラに対応しており、価格は3万5000円(税別)。Feiyu-Tech公式サイトのほか、Amazonなどでも購入できます。
Source: grow
関連キーワード: ActionCamera, FEIYU TECH, FEIYU TECH G5, gimbal, GoPro
219シェア
34
80
0
105

Sponsored Contents