Sponsored Contents

robotの最新記事

Image credit:

スマホで育てたタチコマを現実化。店舗に設置の1/2タチコマにデータ同期、接客させる実験が東京・大阪で開催

うーん、これは面白い思考材料だな

Munenori Taniguchi
2016年12月19日, 午後02:00 in robot
1236 シェア
417
671
19
4
125

連載

注目記事

人気記事

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

ミニ スーパーファミコン国内発表。幻の『スターフォックス2』、パネルでポン、FE紋章の謎も含む国内版21本内蔵

View
アニメ制作のプロダクションI.GとKarakuri Productsが、「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(S.A.C)」に登場するAI多脚戦車タチコマを1/2スケールで再現し、スマートフォンアプリの育成データにもとづいて接客・案内業務をさせる実証試験を行うと発表しました。試験は12月23日より東京で、2017年1月19日より大阪で実施の予定。

タチコマといえば、攻殻機動隊の作中で公安9課とともに活動する搭乗定員1名のAI搭載クモ型ロボット。音声や仕草で登場人物とコミュニケーションをとろうとするさまが人気のキャラクターです。設定では右腕にチェーンガン、正面には50mm砲を備えるなど立派な兵器ではありますが、今回の実証試験ではスマートフォンアプリ「バーチャルエージェント・タチコマ」内でユーザーとの会話や行動によって育成したタチコマのデータを使って、店頭のタチコマが接客をしてくれるという趣向です。
 
 
実証試験に参加してタチコマと戯れるには、ユーザーが「バーチャルエージェント・タチコマ」アプリから「タチコマグッズお取り置き機能」を使ってI.Gストア(出張店舗含む)の商品を予約したうえでキャンペーン期間内に店舗を訪れます。そして店舗内のタチコマロボットとアプリを同期させることで、自分好みに変身したタチコマから商品を受け取り、「近未来テクノロジーが集結する『攻殻機動隊』の世界を体感いただけ」るとのこと。

アプリでは、テキストや音声でタチコマに話しかけることでタチコマが作中の記憶を取り戻していくとのことで、攻殻機動隊ファンならそれだけでニンマリできるものの、店舗でタチコマにかまってもらうにはアプリで育成した上に商品を購入しなければならず、攻殻機動隊ファンでなければ「へー」と声は漏れてもさしたる感想も出てこない企画かもしれません。

実証試験はまずは渋谷マルイ内I.Gストアにて12月23日~2017年1月15日まで、次いで大阪ATC(アジア太平洋トレードセンター)内のI.Gストア出張店で2017年1月19~30日の期間を予定。利用をお考えなら、アプリでタチコマを自分好みに鍛え上げておくことをおすすめします。
 
Source: I.G Store
Coverage: iTunes
1236 シェア
417
671
19
4
125

Sponsored Contents