Sponsored Contents

aiの最新記事

Image credit:

テスラがアップルのSwift設計者を引き抜き。クリス・ラトナーが自動運転ソフト担当VP就任

LLVM/Clangの人

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年1月11日, 午後12:35 in Ai
437 シェア
46
277
15
3
96

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



電気自動車のTeslaが、アップルの重要な開発者クリス・ラトナーを引き抜きました。

ラトナーといえば、アップルが今後のアプリ開発言語として採用したSwiftの設計者。広く使われるコンパイラ基盤技術LLVMおよびClangでも知られる卓越したソフトウェアエンジニアです。

ラトナーは開発環境担当者として11年間務めたアップルを今月退社し、テスラで自動運転ソフトウェア担当のバイスプレジデントに就任します。

Gallery: Swift 言語発表 (WWDC 2014) | 21 Photos



アップルが2014年の開発者カンファレンスWWDCで発表した Swift は、従来使われてきたObjective-Cにかわり、今後の iOS / macOS / watchOS 等々アップルのアプリケーション開発に使われる新しいプログラミング言語。

開発者でないアップル製品ユーザーにはあまり縁のない話ですが、要するにクリス・ラトナーは特定の何かのアプリを担当していた人ではなく、今後アップルのプラットフォームで作られるあらゆるアプリのため、基盤となる重要技術のひとつを設計し担当していた人物です。

アップル、新プログラミング言語Swiftを発表。レガシーを廃して高速化したiOS/OS X開発用(2014年)

2005年に20代なかばでアップル入りする前にはイリノイ大学でコンパイラ技術を研究しており、いまや幅広く使われる基盤技術の LLVM を開発したことでも有名です。



アップルを退社したラトナーがテスラで就任するのは、自動運転ソフトウェア部門を率いるバイスプレジデント。

いくら非凡なエンジニアとはいえ、言語やコンパイラなどコアな計算機科学的分野の専門家が、アプリケーション寄りの自動運転ソフトウェアの開発責任者に就くのはやや意外にも思えます。

しかし大富豪の「リアル トニー・スターク(アイアンマン)」ことイーロン・マスク率いるテスラといえば、単にガソリエンジンをモーターに置き換えただけの電気自動車メーカーでないのはご存知のとおり。

車載バッテリーに留まらずソーラー発電と蓄電技術を通じてエネルギー問題・環境問題の解決を図り、電気自動車を産業用途にも拡大することで物流や交通、ひいては現在の産業構造や文明レベルでの変革まで目論むマスクにとって、自動運転は未来に進むための鍵となる技術。

「環境を意識する金持ち向け自動車の実験的便利機能」程度ではなく、極めて重要な基幹技術と位置付けるからこそ、開発の基盤から設計できチームを率いてきた実績もあるラトナーが選ばれたのかもしれません。

(余談。イーロン・マスク自慢の将来構想では、自動運転技術が成熟した暁にはすべてのクルマが連携して自律無人のままUber的なタクシーや配送業務に参加できるため、自家用車を購入維持するコストは限りなく低く、場合によっては「テスラ買ったら勝手に稼いでくれて儲かった」になる見込み。自家用車よりもむしろバスや輸送トラックへの全面導入が本番です。この調子でSpace Xによる衛星ビジネスと全地球高速ネットインフラ確立、さらに火星植民地まで大真面目に続きます。)

なおアップルも電気自動車への参入を狙い大規模なプロジェクトチームを組織していたことは公然の秘密ですが、最近になって責任者の交代とともに方針を転換し、自動車そのものではなく自動運転を含むソフトウェアおよびサービスに集中するようだと伝えられています。

アップルカー計画、自動運転EVから自動運転プラットフォームの開発へ方向転換か(Bloomberg報道)

アップル、元QNX~BlackBerryの技術者を大量採用。自動運転システム開発体制を強化


ここでリリースされたハードウェア担当者が移籍するなら分かりやすい話ですが、自動運転に舵を切ったと伝えられた矢先、本業のソフトウェア開発環境のキーパーソンがテスラに移ってしまいました。

ラトナーがアップル内部で自動車開発プロジェクトや自動運転ソフトウェアに関係していたのか、する予定だったのかは不明ながら、いずれにしろアップルにとっては打撃です。

(さらに余談ながら、かつてイーロン・マスクはアップルの自動車開発プロジェクトと人材獲得に触れ、「アップルが雇っているのはウチをクビになった人間」「アップルはテスラの墓地」などと言い放ったのちに謝罪していたことがあります)

アップルはまだSwift シフトの途上ではあるものの、オープンソース化された Swift のプロジェクトリードはクリス・ラトナーの移籍に伴い、Ted Kremenek 氏に引き継がれます。
Source: Tesla
関連キーワード: ai, apple, autopilot, chris lattner, ev, llvm, swift, tesla
437 シェア
46
277
15
3
96

Sponsored Contents