laptopsの最新記事

Image credit:

タブレット時12型画面で550g。レッツノートの分離型2in1新シリーズ、XZが2月17日発売

レッツノート初のUSB Type-C端子搭載。液晶はSurface Pro 3相当仕様、合体時でも1.019kg

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年1月12日, 午後03:45 in laptops
720 シェア
183
410
17
3
107

注目記事

人気記事

ニンテンドースイッチの予約は21日朝9時から、店頭とネット同時。色が選べるマイニンテンドーストアは23日開店

ニンテンドースイッチの予約は21日朝9時から、店頭とネット同時。色が選べるマイニンテンドーストアは23日開店

View
任天堂スイッチ、本体買い換えでもVCの「引っ越し」不要に? 「ニンテンドーアカウントと購入はひも付け可能に」と明言

任天堂スイッチ、本体買い換えでもVCの「引っ越し」不要に? 「ニンテンドーアカウントと購入はひも付け可能に」と明言

View


パナソニックがレッツノートの新設計モデルとして、『CF-XZ6』シリーズを発表しました。12インチ、2160×1440解像度、縦横比3:2の液晶(いわゆるSurface Pro 3相当)を搭載する、キーボード分離型2-in-1 PCです。
発売日は2月17日、店頭モデルの予想実売価格は25万円前後から。

最大の特徴は、レッツノートシリーズならではの軽さ。タブレット部単体時の重量は約550g、合体時も約1019g。同社は「TDP15W版Core iプロセッサ搭載の12型着脱式ノートPCとして世界最軽量」をアピールします。
なお液晶パネルの仕様が近いSurface Pro 3は約800g、Pro 4でもCore i5/i7モデルでは約786g。本機は後者と比べても200g以上軽量です。

Gallery: パナソニック 分離型2in1ノートPC レッツノートXZ | 9 Photos




本体サイズはタブレット時(横長状態)では286.5×206.2×9.5mm(幅×高さ×厚さ)、ドッキング時では288.5×223.7×22mm(幅×奥行き×厚さ)。
なお、同シリーズでサイズ感の近いSZシリーズ(12.1インチ/16:10液晶モデル)は283.5×203.8×25.3mm(同)。本機は奥行きこそ20mmほど長くなりますが幅はほぼ同じで、若干薄いイメージです。

本体価格は(全般的に昨今の水準では高価な)レッツノートの中でも比較的高価ですが、基本性能はその分高め。たとえばCPUは最廉価モデルでもCore i5-7200U(2コア4スレッド、基本クロック2.5GHz、ターボ時最高3.1GHz)を搭載し、RAMは8GB、SSDは128GBという水準。もちろんMicrosoft Office Home and Business Premium搭載です。

また入出力端子などもアップデートされており、タブレット本体側にはUSB タイプC端子を1基搭載(速度5Gbps、DisplayPort Alt Mode対応、ただしUSB PDは非対応)。キーボード側のHDMI端子も、4K/60Hz出力を超え、4096×2160解像度での60Hz出力に対応します。



加えて、キーボード側には3基のUSB 3.0に加え、RJ-45ケーブルが直結可能な有線LAN(1000BASE-T)、アナログRGB(ミニD-Sub 15ピン)、そしてUHS-II対応のSDカードスロット、ヘッドホン兼マイク入力端子を搭載。
合体時は一般的なモバイルノートPCと比べても、多数の端子を備えるモデルとなります。

さらに、Windows Hello顔認証対応赤外線カメラを搭載、無線接続はIEEE 802.11ac対応Wi-FiとBluetooth 4.1に対応し、最大300Mbpsで通信可能なLTE対応モデル(SIMフリー仕様)も用意します。

公称バッテリー駆動時間(JEITA 2.0測定法)は、タブレット単体で約4.5時間、合体時で約9時間~約15時間。合体時の時間に幅があるのは、キーボード側に装着するバッテリーが標準と大容量の2種類があるため。大容量版を装着すると約100gほど重量が増し、合体時で約1109gとなります。

なお、タブレット側のバッテリーは交換不可能ですが、キーボードベース側は交換可能。ここはレッツノートシリーズらしいところ。

また、キーボードベース側バッテリーパックからのタブレット側への充電や、キーボードベース単体でのスマートフォンへの充電(USB給電)も可能。外回りのビジネスなどでも柔軟な運用が可能です。



レッツノートシリーズの目玉である耐久性に関しては、ドッキング時は底面側の76cm落下試験に加え、26方向での30cm落下試験、100kgf加圧振動試験など、シリーズおなじみのテストをクリア。タブレット単体でも、6方向での76cm落下試験をクリアします。

技術的には、剛性の高い筐体とタッチパネルで基板や液晶を挟み込む3層構造をタブレット本体に採用。リアキャビネットには0.4mm厚のマグネシウム合金を採用し、従来シリーズでは樹脂製品だったフロントシャーシにも、0.45mm厚のマグネシウム合金を採用。こうした素材や設計により、軽さと耐久性のバランスを確保しています。

さらにオプションで、Windows Ink機能対応のペン(アクティブ静電結合方式)を用意。消しゴム/右クリックの2つのボタンを搭載したタイプで、1024段階の筆圧検知に対応します。
また、ライバルと比べて大きな特徴がキーボードです。ユニットは評価の高いSZシリーズと同パーツ(とキー配置)を採用し、キートップ形状はレッツノートならではのリーフ型を採用。昨今のノートPCでは貴重な非アイソレーションタイプでもあります。
キーピッチは横19mm、縦16mm。キーストロークは2mmと、余裕のある仕様。

タッチパッドは、シリーズでおなじみの円形『ホイールパッド』。回転によるスクロール操作なども継承します。
さらにタブレット時のユーティリティとして、画面上に仮想タッチパッドを表示する『ホイールパッド・タッチLite』をプリインストール。タブレット状態でも細かなポインティングや回転スクロール操作が可能な、ある意味で徹底した仕様です。

隠れた特徴が、合体時でも125度まで開けるヒンジ。もちろんスタンドなどをつけなくても後ろに倒れません。これは、タブレット側が軽量な点やヒンジ部のコネクタ堅牢性を高めた点によるもの。

パナソニックは「新幹線のテーブルや、カフェのカウンターのような場所でも使いやすい構造」とアピール。一見地味ですが、合体式タブレットを使っているユーザーには非常に「刺さる」仕様です。

なお、Web直販限定モデルでは、CPUにCore i7ー7600Uの搭載や、RAM 16GB、1TB SSDなどが選択可能。オプションで背面カメラの搭載や、ブラックカラー仕様、さらにレッドとブルーの背面ジャケットなどが用意されます。こちらの発売予定日は2月23日。本日より予約を開始しています。




▲店頭販売モデルの仕様一覧


インテルのCoreシリーズCPUを搭載した軽量な合体型タブレットとしては、NECパーソナルコンピュータのLAVIE Hybrid ZERO HZ330/HZ300/HZ100シリーズがあります(下記記事を参照ください)。
こちらは最軽量モデルではタブレット時398g、合体時798gと、重量では本機より有利ですが、 性能面ではCPUはCore m3(または同系のPentium)、液晶パネルはフルHD解像度で11.6インチなど、性能では本機に大きな分があります。

タブレット時398g、合体時でも798g!! NECがLAVIE Hybrid ZERO 11.6型モデルを正式発表

このようにレッツノートXZは、軽量かつ高耐久性といったシリーズならではの特徴を継承つつ、弱点だった「高解像度液晶モデルがない」という点に対して、まさかのSurface Pro 3仕様パネルで大幅強化。キーボード分離型の採用に加え、キーボードや拡張端子もヘビーユーザー好みの仕様を取り入れている、欲張りな機種に仕上がっています。

分離式といった点を抜きにし単なるノートPCとして見ても、シリーズの美点を引き継ぎつつ、従来シリーズ欠点を解消したモデルとして注目できる存在です。価格は相変わらず高価ではありますが、ヘビーモバイラー垂涎のモデルとなることは間違いありません。
720 シェア
183
410
17
3
107