Sponsored Contents

mobileの最新記事

Image credit:

カタールのドーハ国際空港でSIMを購入して、トランジットを快適に過ごそう(旅人目線のデジタルレポ 中山智)

欧州行きの割安航空チケット利用時にお世話になる(かもしれない)ドーハ国際空港は制限エリア内でもSIM購入可能

中山智(Satoru Nakayama) , @yenma
2017年1月19日, 午前11:40 in mobile
225 シェア
60
72
2
0
91

連載

注目記事

人気記事

速報:まさかの『詫びルギア』爆誕。ポケモンGOイベントで大規模障害、出席者には全額返金と詫びコインも

速報:まさかの『詫びルギア』爆誕。ポケモンGOイベントで大規模障害、出席者には全額返金と詫びコインも

View
速報:ポケモンGO『ルギア』『フリーザー』が国内で出現開始。サンダーとファイアーもアップ中

速報:ポケモンGO『ルギア』『フリーザー』が国内で出現開始。サンダーとファイアーもアップ中

View

欧州方面のフライトは距離もあることからチケットが割高になりがちですが、直行便ではなく乗り継ぎ便で探すと意外と安いチケットが見つかります。

中でもカタール航空はキャンペーン時には6万円台で欧州へ、筆者の場合だとチケット販売サイトのバーゲンと組み合わせることで、羽田空港からイタリア・ミラノまでの航空券を4万9210円で購入したことがあります。またツアー旅行のパンフレットなどを見ると「カタール航空で行く」という欧州激安ツアーも多く見つかります。

このようにカタール航空を使った欧州アクセスは、コストパフォーマンス重視な旅人には注目の路線なのですが、ネックとなるのが乗り継ぎです。羽田もしくは成田からカタール航空を使って欧州に飛ぶ場合、必ずドーハのハマド国際空港での乗り継ぎとなります。そこで今回は、モバイル目線でのドーハ・ハマド国際空港の過ごし方をレポートします。


▲ドーハ・ハマド国際空港にある巨大なクマのオブジェ「ランプ・ベアー」


▲自由に使えるPCなどもあり、空港内の環境は◎

まず気になるのは、通信環境です。空港内では無料のWi-Fiサービスが利用できるので、飛行機を降りてターミナル内に入れば、すぐにアクセスできます。使い方もWi-Fiのアクセスポイントに接続するだけ。メールアドレスや電話番号の登録なども不要で、ログイン画面の「CONNECT TO FREE WiFi」を押すだけでオーケーです。


▲ハマド国際空港のWi-Fiログイン画面

▲通信速度は場所にもよるが、下りで約1.1Mbpsあまり高速ではない

通信速度は電波状況や利用者の数によっても変わってきますが、速くて下りが数Mbps程度。あまり速くはありませんが、SNSを更新したりメールを送ったりする分には問題ない速度です。

もっと速度が欲しい場合や、乗り継ぎで次のフライトに搭乗してもドアがクローズするギリギリまで通信していたい、というヘビーユーザーには、現地SIMの購入がオススメです。


▲キャリアカウンターは大きなクマのオブジェ「ランプ・ベアー」の向かい側奥にありSIMが購入できる

通信キャリアはOoredoo。SIMの価格は1枚25カタール・リヤル。これにデータパッケージを申し込むために30カタール・リヤルのチャージをするので、合計で55カタール・リヤル(約1600円)です。アクティベートなどの作業は店員がしてくれるので、素直にスマホを渡してしまいましょう。データパッケージは1.5GB/25カタール・リヤルで、チャージした分から引かれます。


▲カタールの通信キャリアOoredooのチャージ用カード


▲SMSで121宛てに「MIP 25」と送ると、データパッケージに申し込める

支払いにはクレジットカードが利用できるので、現地通貨への両替は不要です。APNなどの設定は下記の通り。iOSの場合は、SIMを挿入すれば設定不要で通信できました。LTEはBand3、7、20の3つが使われています。

APN:data
ユーザー名:空白
パスワード:空白


通信速度は空港屋内での計測で下り約20Mbpsといったところ。空港の無料Wi-Fiサービスよりも断然速く安定します。自宅に設置してあるnasuneからテレビ番組をストリーミング視聴してみましたが、無料Wi-Fiだと数秒おきに止まってしまうのに対して、Oooredoのモバイル回線は止まらずにスムーズに視聴できるくらいです。


▲OoredooのSIMで速度計測をした結果

▲動画のストリーミングも問題ないレベル

ちなみにデータ通信のプラン自体は1週間ほどの期限付きですが、SIM自体は半年ほどの有効期限となっています。SIMの有効期限内なら、次に使用するときは料金チャージ用のカードだけを買って登録すればオーケーです。さらにチャージをすることでSIMの有効期限も延びます。何度もドーハでトランジットするという人は、購入したSIMは失くさないようにキープしておきましょう。


▲チャージをするとSMSで有効期限を教えてくれる

というわけで欧州便への乗り継ぎなどで数回訪れているドーハですが、乗り継ぎ時間が数時間と長かったときに一度だけ入国したことがあります。ちなみに到着ロビーにもOoredooのカウンターがあるので、SIMは購入可能です。さらにOoredooだけでなく、VodafoneのSIMも売店で販売していました。

▲到着ロビーにあるOoredoo

▲Vodafoneは売店に併設されているカウンターで購入できる

空港から市街地へはタクシーを利用。交渉制ではなくメーター制なので安心です。料金も市街地まで20分~30分くらいで25~30カタール・リアル(約800~1000円)と比較的低価格なのもうれしいポイントです。

市街地には大きなショッピングモールがいくつかあるので、買い物などを楽しむにはピッタリ。ただし注意したいのがイスラム教のラマダン(断食)期間の訪問です。実は筆者が訪問したのがラマダンの時期でした。かなり厳格に守られていて、日中は大きなショッピングモールでも飲食店は閉まったまま。


▲ドーハにあるショッピングモールのひとつ「シティ センター」


▲ラマダン期間中、ショッピングモールの飲食店はいずれも日中は休業

大きなスーパーマーケットでは食品も売っていますが、みながガマンしている目の前で食事をするというのもはばかれます。結局1時間ほどショッピングモールをブラブラしたら、すぐに空港に戻ってしまいました。


▲空港の制限エリア内は飲食店もオープン

さすがに世界各国から乗り継ぎ客の集まる空港では、飲食店もオープンしていました。ただし到着・出発ロビーのカフェなどは閉店していたので、ラマダン期間中でもオープンしているのは制限エリア内だけのようです。

ドーハにはオリエンタルな雰囲気が味わえる旧市街や、砂漠ツアーといった観光スポットもいくつかあるようですが、これらもラマダン期間中は日中食事がしにくいので楽しさ半減かも。これはイスラム圏全般に言えることですが、旅行するならラマダン期間は外したほうが楽しめますね。

関連キーワード: airport, mobile, Networking, ooredoo, qatar, sim, travel
225 シェア
60
72
2
0
91

Sponsored Contents