Sponsored Contents

peripheralsの最新記事

Image credit:

パイオニア、世界初の内蔵型UHD BD対応ドライブ「BDR-S11J」シリーズ発表。CDの高音質再生機能も充実

UHD BD再生はKaby Lake-S/H必須

Munenori Taniguchi
2017年1月24日, 午後07:30 in peripherals
318 シェア
63
150
0
105

連載

注目記事

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

「単身40代が日本を滅ぼす」との調査をNHKが解説「AIは、人の顔色を伺って結果を出したりしない」

View

人気記事

パイオニアが、Ultra HD Blu-rayに対応するPC5インチベイ内蔵型ドライブ「BDR-S11J」シリーズ2機種を2月下旬に発売します。Ultra HD Blu-ray(UHD BD)は4K解像度(3840×2160解像度)の高画質コンテンツを記録可能な新しいBD規格。パイオニアいわくPC内蔵型のUHD BDドライブは世界初とのこと。

UHD BDは4K解像度コンテンツのほか、HDRやBT.2020の広色域に対応するなど高い表現力を誇ります。今回パイオニアが内蔵用のUHD BD対応ドライブを発表したことで、PCでもUHD BDコンテンツを楽しむことが可能となりました。

PCでUHD BDコンテンツを再生するには対応するソフトウェアも必要です。パイオニアはCyberLinkのPowerDVD14をバンドルして、購入者がすぐにUHD BDコンテンツを楽しめるよう対応しています。

ただ、UHD BD再生の必須環境としては再生ソフトのほかにOSとしてWindows 10、CPUにはKaby Lake-S/H の Core i7もしくはCore i5、さらにIntel SGX 対応の200シリーズチップセットとHDCP2.2/HDMI2.0a出力に対応するマザーボードが必要とのこと。またHDR対応の機器を使うことを推奨するとのこと。要するに、今年はじめの時点で最新のパーツを揃えて組んだPCでなければ、UHD BDコンテンツの再生はできないということです。残念でした。

とはいえ、通常のBDやDVDなどを再生するぶんにはそこまでの処理能力は不要、BD/DVD/CD記録・再生はWindows Vista以降に対応します。

BDR-S11J-BK
気を取り直して製品を紹介していくと、まず2機種あるうちのスタンダードモデルが「BDR-S11J-BK」、「オーディオCDチェック」機能を搭載した上位機「BDR-S11J-X(冒頭の写真)」で、いずれもオープン価格を採用。店頭予想価格はBDR-S11J-BKが2万2000円前後、BDR-S11J-Xが3万3000円前後となっています。

インターフェースはSATA。UHD BD(再生のみ)、BDXL(BD-R XL 4層/BD-RE XL 3層)を始めとする各種BD/DVD/CDメディアへの書き込みに対応します。また音楽CDを正確に読み取る「PureRead4+」機能を搭載、リアルタイム再生でデータ補完が発生しないよう調整する「RealTime PureRead」機能なども備えます。BD再生ではデータ読み出し時に発生するノイズを除去する「リミットイコライザー」機能を搭載しました。

BDR-S11J-Xにはさらに音楽CDの再生品質を4段階評価し、再生のための最適設定をアドバイスする「オーディオCDチェック」機能を搭載、本来なら無塗装のシャシー内外やトレーにハイエンドオーディオが採用するのと同じ特殊塗装をすることで、放熱や振動抑制、静音性能を高めたとしています。

バンドルソフトはPowerDVD14 のほかにもPowerDirector 14 /PowerProducer 5.5 /Power2Go 8 /InstantBurn 5 /PowerBackup 2.5 /MediaShow 6 /Label Print 2.5 /PhotoDirector 5 LE /MediaEspresso 6.5が付属します。

なお、パイオニアではユーザーが使用している環境がUHD BDを再生可能か診断するツールを配布予定とのこと。
318 シェア
63
150
0
105

Sponsored Contents