Sponsored Contents

iphone caseの最新記事

Image credit:

iPhone用背面ポケット型ケース「RAKUNI」を約3週間使ってみた

使い込むと変化していく革の風合いに愛着が湧いていきます

Gian Suzuki , @giansuzuki
2017年1月25日, 午後07:45 in iphone case
489 シェア
165
100
6
0
218

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事


スマホのケースは基本TPU派のジャイアン鈴木です。トーモから背面ポケット型ケース「RAKUNI」をレビュー用に提供いただきました。背面ポケット型ケースを使用するのは本製品が初めてです。1月6日から使い始めて約3週間が経過したので、ガチなレビューをお届けいたします。

まず、「Apple Payに対応したiPhone 7/7 Plusに背面ポケットなんていらなくない?」とRAKUNIの製品ページを見たときには考えていたのですが......。


▲いらなくなかったです、すいません。

たしかに、iPhone 7/7 PlusならSuicaを携帯する必要はなくなりましたが、それでもなんだかんだで持ち歩きたいカードってありますよね。ワタシにとって車は必需品。免許証、キャッシュカード、クレジットカードを収納できる背面ポケットは便利です。もちろん財布を処分したわけではないですが、コンビニに行く時なら財布は家に置きっぱなしにできますし、一日中外出する時も基本的に財布はバッグに入れたままでOK。非常に身軽で嬉しいです。

従来のRAKUNIユーザーにはいまさらかもしれませんが、作りも非常にしっかりしていますね。縫製は正確で、要所要所補強が入っていますし、内張も端末に傷がつかないような表面処理が施されています。今回、iPhone 7 Plus用RAKUNIのキャラメルカラーを提供いただいたのですが、税抜価格が4900円でちょっとビックリしました。リップサービス抜きでなんとなく7500円ぐらいかなーという予想していたので。


▲安価な合成革製品だと手を抜かれがちですが、RAKUNIは二重に縫われ補強されています。安心してラフにカードを出し入れできますね。


▲結構高価なケースでも内張が省かれていることがあり、出し入れしているうちに端末に傷をつけてしまいがちです。RAKUNIではいまのところ端末に傷はついていません。ぬめっとした感触が不思議な内張です

さて、長期間実際に使っていて個人的に合わなかったのがストラップ。これはワタシが悪いといえば悪いのですが、手が大きいのでストラップを通しづらいんですよね。ギリギリ入りますが、出し入れに時間がかかるので、手首に通さず小指と薬指だけにかけて使用していました。

でも、さらにしばらく使用していると、ストラップ自体が邪魔に感じてきました。もともと私はケース装着派で、スマホにストラップを使う習慣がありません。カメラ撮影の際に端末を落としにくいというメリットを理解しつつも、ポケットに端末を出し入れする際にストラップに指を出し入れすることが面倒に感じるほどのモノグサ者です。使い始めて1週間ぐらい経過したら、ストラップを外してしまいました。


▲私の手にこのストラップは合いませんでした。大きな手が悪いのですが。


▲ホントはリングもはずしたいところなのですが、トーモに確認したところ、補強のため仕様が変わり、個体差によってリングがはずれにくいそうです。無理にはずそうとすると破けそうなのでそのままにしています。


▲リングをつけたままでも、「DJI Mavic Pro」のコントローラーにRAKUNIを装着したiPhone 7 Plusを固定可能です

約3週間使っているうちに、背面ポケットをスタンドにしてYouTube動画を鑑賞するというワザを近所の中華料理屋で編み出したのですが、今回この原稿を書くために製品公式サイトを見たら、しっかり「ラク」ポイントとして紹介されていました。がくし。


▲AirPodsと組み合わせると、快適な動画視聴環境をどこでも構築できます。

さて、RAKUNIには今回のReal Leather(本革)以外に、modaManiaとのコラボレーションモデルと、cheeroから発売されているPU Leatherモデルが登場しています。


▲modaManiaとのコラボレーションモデル。iPhone 7用は1万5000円(税抜)、iPhone 7 Plus用は1万6500円。


▲cheeroから発売されているPU Leatherモデル。iPhone 7用が1580円、iPhone 7 Plus用が1780円(ともにAmazonのセール価格)。PU Leatherモデルのみ硬貨を収納しやすい上蓋付きカードホルダーモデルが用意されています。

かなり価格差があるのでどれを買うべきか悩みどころですが、個人的にはiPhoneをどのくらいのスパンで機種変更するかで選ぶべきかなと考えています。同じ機種を2~3年使うのであればRAKUNI × modaManiaも決して高いとは思いません。しかし、次期iPhoneの購入を予定しているのであればお買い得なCheeroのPU Leatherモデルを購入して、差額は次期iPhoneの購入資金として積み立てたほうがいいかなーと考えます。機能的には違いはないので、どれを買っても価格なりの満足度は得られるはずです。


▲本革の肌触りは価格なりの価値は十分あるので本当に悩みますね......。

関連キーワード: accessories, iphone, iphone case, smartphone
489 シェア
165
100
6
0
218

Sponsored Contents