Sponsored Contents

uqの最新記事

Image credit:

「地下で繋がらない」解決へ──WiMAX 2+の『LTEオプション』無料拡大、新ルータも発表

「3日で10GB」への緩和も2月2日に始まります

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年1月25日, 午後05:00 in uq
307 シェア
33
139
11
4
120

連載

注目記事

人気記事


地下街などでWiMAX 2+が繋がりにくい... そんな悩みを解決する「LTEオプション」の無料化対象が今夏に大幅拡充されます。新製品・新サービスを発表する場でUQの野坂章雄社長が明言しました。

LTEオプションは、WiMAX 2+/au 4G LTEに両対応したモバイルルータで、ハイスピードプラスエリアモードを選べる月額1005円のプランです。au 4G LTE網を利用できるため、WiMAX 2+が繋がりにくい地下街や、郊外部でも快適に通信できる点を売りにします。

同オプションは2016年11月以降「auスマートバリューmine」加入ユーザーを対象に無料化していますが、野坂社長によると、無料化の条件を2017年夏に大幅に緩和するとのこと。

「WiMAXはどうしても地下街や地下鉄で弱いという声がある(中略)そんな時にLTEがあると便利だが、ハイスピードエリアモードを使うと別途1050円かかる。そこをなんとかしたい(中略)無料の範囲を一挙に拡大しようと思っている」(野坂社長)

条件について野坂社長は「別途案内する」としているものの「ちょっとした条件付き」、「新たな契約で、何らかの条件を満たしていれば、無料になる」とも述べ、auスマートバリューmineの加入ユーザーに限られる現在に比べて、大きく緩和される見通しを示しました。

440Mbpsエリアが全国化、新ルータ2機種も発表

またUQは、WiMAX 2+対応の新製品として、モバイルルータの「Speed Wi-Fi NEXT W04」および据え置き型ルータの「Speed Wi-Fi HOME L01」をそれぞれ2月中旬に発売します。

いずれも、auから発売されたモデルと同型。WiMAX 2+の4x4 MIMOおよびキャリアアグリゲーションに対応し、受信最大440Mbpsの高速通信に対応します。


ファーウェイ製の「Speed Wi-Fi NEXT W04」、縦持ちでスマートフォンのような操作性が売り


ファーウェイ製のSpeed Wi-Fi HOME L01は、2.4GHz/5Ghz帯同時通信可能で、固定回線の置き換えを狙う



また2017年2月より、WiMAX 2+の受信440Mbpsエリアを全国化。また今後の高速化については「256QAM」や「au 4G LTE、3.5GHz帯とのキャリアアグリゲーション」、「8x8 MIMO」などの検討を進めるとしています。

UQ WiMAX 2+の速度制限が「3日で10GB」に緩和。超過後も日中は制限せず、2月2日から

(訂正)記事掲出時、auスマートバリューmineを「auスマートパスmine」と表記する誤りがありました。訂正しお詫び申し上げます。

 
新時代スマホ Galaxy S8 降臨祭 Sponsored by Galaxy

 
307 シェア
33
139
11
4
120

Sponsored Contents