Sponsored Contents

Cellphonesの最新記事

Image credit:

au「AQUOS SERIE mini SHV38」は2月3日発売。カメラ強化に自撮り用ライト搭載、一括4万8600円

片手で操作できるサイズ感

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年1月30日, 午後06:00 in Cellphones
137 シェア
12
68
0
57

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

View
ソニー、XperiaブランドのロボットXperia Hello!発表。「家族の一員」になるコミュニケーションロボ
13

ソニー、XperiaブランドのロボットXperia Hello!発表。「家族の一員」になるコミュニケーションロボ

View

KDDIが、1月11日に発表していたスマートフォンAQUOS SERIE mini (SHV38)を2月3日に発売します。本体価格は税込4万8600円。

AQUOS SERIE mini SHV38はAndroid 7.0、4.7インチフルHD IGZOディスプレイを搭載したコンパクトスマートフォン。大きさはiPhone 7とほぼ同等です。また、カバーガラスには表面張力で盛り上がった水面のような2.5Dガラスを採用し、手にフィットするラウンドフォルムに仕上げています。

本体価格は4万円台後半とキャリア向け端末としてはお手頃な価格帯。そのためか、心臓部となるプロセッサのスペックは控えめです。クアルコムのミドルレンジ向けSoC、Snapdragon 617(1.5GHz x 4 + 1.2GHz x 4、計8コア)を採用。RAMは3GBで、ストレージは16GB。

一方で、カメラ機能はフラグシップ機と同等に高められています。メインカメラは約2100万画素で、F値が1.9の明るいレンズを搭載。さらにリコー「GRシリーズ」開発メンバーによる画質認証プログラム「GR certified」を取得した点も売りのひとつです。前面カメラは約800万画素で、約100度の広角レンズを搭載。そして,
AQUOS初となるインカメラ用フラッシュを搭載しました。



IPX5/IPX8・IP6Xの防水・防塵性能を備えたほか、ワンセグ・おサイフケータイ・FeliCaにも対応。赤外線には非対応です。WIFiは802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2、4G LTEは受信最大225Mbps、WiMAX 2+通信にも対応します。バッテリー容量は2400mAh。

本体サイズは67 x 135 x 8.6mm、最厚部は9.4mm。重さは134gです。

カメラ機能充実の4.7型スマホAQUOS SERIE miniをauが発表

Source: kddi
関連キーワード: aquos, aquos serie mini, Cellphones, kddi, phone, smartphone
137 シェア
12
68
0
57

Sponsored Contents