Sponsored Contents

chromeの最新記事

Image credit:
Save

Google、iOS版Chromeのソースコード公開。コミュニティでの機能追加やテストで開発加速へ

脆弱性を埋めるのも早くなる?

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年2月1日, 午前11:30 in chrome
111シェア
0
111
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

Googleが、iOS版Chromeブラウザーのソースコードを公開しました。Googleはデスクトップ版やAndroid版Chromeのソースコードを公開しているものの、これまでiOS版に限ってはソース公開が遅れていました。

オープンソースのブラウザー開発プロジェクトChromiumをベースとして開発されているChromeブラウザーは、独自のBlinkレンダリングエンジンを採用します。これに対し、iOS版Chromeに限ってはアップルの方針によってWebkitがレンダリングエンジンに指定されているため、ソースコードの多くを独自コードにせねばならず、コードの公開が遅れる要因となっていました。

ここへ来てGoogleがiOS版Chromeのソースコードを公開することにしたのは、ほかのChromeブラウザーとのソースコード共通化が進み、ようやくChromiumベースのブラウザーと呼べるに至ったからとのこと。

Googleは、開発者へのソースコード公開によってChromiumコミュニティへの貢献が可能になり、コミュニティ内でiOS版Chromeへの機能追加やテストが行えることで、その開発も加速していくことになるとの期待をブログに綴りました。

ちなみに、公開されたソースコードは誰でも自由に閲覧し、また手を加えることができます。コミュニティへの貢献だけでなく、自身でiOS向けのブラウザーやWebView機能を持つアプリを制作する開発者にとっても、大きな参考書となりそうです。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

111シェア
0
111
0

Sponsored Contents