Sponsored Contents

Medicineの最新記事

Image credit:

火事で焼け出された男、心臓ペースメーカーのログから保険金目当ての放火がバレる。ネコ1匹が逃げ遅れ(涙)

捜査令状とプライバシーとペットの命はどれが一番重いか

Munenori Taniguchi
2017年2月8日, 午後06:05 in Medicine
721 シェア
249
335
0
137

連載

注目記事

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

Amazon Echo Dot速攻レビュー。スキル試行は最初のスマホ的な楽しさ、日本語周りは意外な弱点が

View

人気記事

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

iOS 11.2で遂に急速ワイヤレス充電に対応?iPhone 8/8 Plus/X用に今買うべきワイヤレス充電器はこれだ!

View
 
オハイオ州の自宅を火事で焼け出された男性ロス・コンプトンが、放火と保険金詐欺の容疑で逮捕されました。逮捕の決め手となったのは、心臓ペースメーカーのログデータです。

2016年9月19日、自宅が燃えているのに気づいたコンプトンは、慌てて寝室に行き、身の回りに必要なもの一式を「荷造り」して窓から庭に飛び降り、さらに車に積み込み、通報した先の消防署職員に「その場から逃げてください!」と指示される前に避難を完了していたとのこと。

しかし、埋込み式の心臓ペースメーカーを使用するほど心臓が悪いコンプトン氏にしてはあまりに鮮やかな手際の良さを疑問に思った警察は、捜査令状を取ってペースメーカーのログデータを取得、医師の判断を仰ぐことにしました。

証拠として提出されたデータを調べた心臓専門医は「このデータを見るに、この患者が必要な道具を家中から集めてパッキングして、それを持ってベッドルームの窓から飛び降り、さらに消防に電話をかけながらほかにもいくつか重量のある荷物を運び出すようなことができたとは到底思えません」と証言。

これに対し、電子社会の自由を守ることを目的とする電子フロンティア財団が派遣した弁護士ステファニー・ラカンブラ氏は「テクノロジーが進化するのは良いことだが、保護されるべき個人の医療データを法執行機関に渡すよう強要されるのは、プライバシー侵害行為だ」と反論しました。

ただその後消防の検証によって火の手が家の外側、しかも数か所から出ていたこともわかり、コンプトンが自身で火を放ったと断定されました。
 
 
コンプトンがどれほどの額の火災保険金をだまし取ろうとしたかは報じられていないものの、事件によって発生した家の損害額はおよそ40万ドル(約4500万円)にのぼるとのこと。

そんなことよりなにより心が痛むのは、コンプトン家に飼われていたネコたった1匹だけが、火事の犠牲になったことかもしれません。合掌。

[Image : WCPO]
Coverage: WCPO
関連キーワード: culture, gear, medicine, middletown, ohio, pacemaker
721 シェア
249
335
0
137

Sponsored Contents