Sponsored Contents

iphoneの最新記事

Image credit:

iPhone 7「聞きながら充電」に標準対応。世界初、Lightning分岐機能搭載のNCイヤホンがパイオニアから

初期ウォークマンを彷彿とさせる「付けたまま会話」向け機能も搭載

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年2月15日, 午後01:10 in iphone
417 シェア
73
182
0
162

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

ポケモンGO、ハロウィン イベントで第三世代が解禁?サマヨールほかルビー・サファイア組が起動画面に登場

View
折り畳み2画面スマホ Axon M発表。2アプリを並列起動、6.75インチ大画面としても使える変態端末
9

折り畳み2画面スマホ Axon M発表。2アプリを並列起動、6.75インチ大画面としても使える変態端末

View
Surface Book 2発表。15インチ追加、GTX 1060も選べる歴代最高性能ノート&第八世代Core i7最軽量タブレット
6

Surface Book 2発表。15インチ追加、GTX 1060も選べる歴代最高性能ノート&第八世代Core i7最軽量タブレット

View


オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、パイオニアブランドのLightning接続イヤホン2機種を発表しました。モデル名は『RAYZ』(レイズ)と『RAYZ Plus』(レイズプラス)。両機種ともカナルタイプ、密閉型、ダイナミックドライバー1基採用、ノイズキャンセリング対応という仕様。

発売予定は両機種とも3月下旬。店頭予想価格は、ベーシックモデルのRAYZが11,800円前後。RAYZ Plusが15,800円前後です。



とくに注目は、上位モデルとなる~Plus。最大の特徴であり、また無印との差となる機能はLightning「ジャック」を搭載する点。市販のLightning分岐アダプタなどを使わなくても、充電をしながらイヤホンが使えます。なおパイオニアによると「世界初」とのこと。

Gallery: パイオニア Lightning NCイヤホン RAYZシリーズ | 24 Photos






また、リモコンに備えられた「4つ目のボタン」や音質調整用に専用アプリを用意。ファームウェアアップデートもこのアプリ経由で可能となるなど、かなりスマートデバイス寄りの設計思想が取り入れられています。

なお、PlusのLightningジャックの位置としては、プラグにかなり近い箇所となり、リモコンからは離れています。これはケーブルの取り回しに配慮してのこと。また形状としては、上に掲載した写真のように専用のユニットが設けられます。

対してRAYZ無印は、Lightningジャックのユニット自体がない(ポートのみを塞いだタイプではない)仕様。使いもしない箱が付いていて不快、ということにはなりません。

対応するiOS機器は、iPhone 5以降、iPad mini 2以降、iPod touch 第6世代以降。もちろんAppleのMFi認証も受けています。

NCは明示的キャリブレーション可能タイプ、あえて集音するモードも



ここまで紹介すると(Lightning分岐を特徴として挙げたこともあり)イロモノ的なイメージもありますが、機能的にはライバルとなるLightning接続イヤホンと比べても、最新トレンドに乗った特徴的な技術を採用しています。



まずノイズキャンセリング(NC)は、ユーザーによるキャリブレーションの指示により、周囲の状況や耳の装着状況に合わせたNC効果を自動調整する『スマートノイズキャンセリング』タイプ。

たとえば、電車の中に移動したことでNC効果が弱まった、と感じたら、キャリブレーションをしてより強力に環境雑音をカット。対して周囲が比較的静かな状況では、キャリブレーション実行すると、NCのデメリット(音場が狭まるなど)とメリットをバランスさせた運用が可能となります。

操作はiOSの専用アプリ(後述)か、リモコンのスマートボタン(こちらも後述)に割り当てることで開始できます。

そしてパイオニア側イチオシとなる『HearThru』(ヒアスルー)モードは、一時的にノイズキャンセリング用のマイクで周囲の音を集音し、会話などに支障をなくす機能。

考え方としては、初期ウォークマンに採用されていた『ホットライン』機能を彷彿とさせるモードです(余談ですが初代ウォークマンはこのためだけに、ベースモデルとなったレコーダー『プレスマン』からマイクを残していました)。



また、地味ながら嬉しいのが『オートポーズ』機能。これはイヤホンを外した状態を自動感知し、音楽再生を自動的に一時停止。再度装着する自動で止まったところから再生を開始するというもの。さらに一定時間再装着されなかった場合は、自動で低消費電力モードに切り替わります。

操作いらずで聞き直せるというメリットのみならず、Lightning接続ならではの悩みとなる「iOS機器側のバッテリーを無駄に消費する」というデメリットを抑える効果もある一石二鳥的な機能です。

また技術的にも「装着時と非装着時の(耳からの反射による)周波数特性の違いを検知する」という高度なもの。パイオニア側は「ライバル機などでは赤外線センサーを搭載して大型化している例もあるが、RAYZはコンパクトさを保ったまま実現している」点をアピールします。



またリモコンは、通常の3ボタンタイプ(再生/一時停止、順送り、逆送り)に加え、4つ目のボタンとなる『スマートボタン』を搭載。



複数回押しを含めた割り当てが専用アプリで可能なため、NCのキャリブレーションやHearThruモードへの切り替え、Siriの起動やエコモード(低消費電力モード:詳細は後述)への切り替えなどが割り当てられます。

各種設定はiOSアプリで、発売後の機能追加も



スマートボタンの機能割り当てや音質調整を担当するのが、専用iOSアプリ『RAYZ』。無印の本体と同名です。機能的には他にも、イヤホン側の主要な機能のオン/オフや5バンドのグラフィックイコライザー、エコモードへの切り替え、さらにはイヤホン側のファームウェアアップデートの仲介などがあります。



なお、ボタンの機能割り当ては一度設定するとイヤホン側のフラッシュメモリに書き込まれるタイプ。一時的にアプリを入れていないiOS機器を使っている場合でも安心です。



合わせてパイオニア側からは、この専用ソフトウェアとの連携+ファームウェアアップデート可能な設計により、「将来の新機能導入などにも柔軟に対応できる」点に関してのアピールがありました。

発表会ではアプリのバージョンアップによる新機能予定として、テレビ会議中などで自分が話していない際、自動的にマイクをミュート状態にして事故を防ぐ『スマートミュート』機能が挙げられています。

加えてハードウェア的には、パイオニア調べで「史上初」となる、第二世代Lightning Audio Module(LAM2)回路を採用。これはオーディオ信号処理の速度が向上した点が特徴で、本機のNC性能と柔軟性に関しては、このLAM2に寄るところが大きいとのこと。

なお一方で、DAコンバーター部入力は24ビット/48kHzまでの仕様のため、「一応のハイレゾ対応」といった状態です。



合わせて消費電力の低減にも配慮されており、同社調べでは「Lightning接続ヘッドセットとして電力消費量最小」をアピール。発表会では詳細条件は公開されないながらも「アナログ(3.5mmジャック)接続のイヤホンよりも電力が低い」とも謳います。

さらに消費電力を最低限まで抑える『エコモード』も搭載。これはスマートボタンやノイズキャンセリングで使う回路をオフにし、イヤホンとして最低限の機能で動作させることで消費電力を低減するというモードです。

基本仕様は、ドライバーユニットは、9.2mmのダイナミック型×1基。再生周波数帯域が10~22000Hz、重量が5g(コードを除く)、ケーブル長が1.2m。付属品はシリコンイヤホンチップ(S/M/L各2個)、コードクリップです。



なお発表会では、iPhone好きなゲストとしてお笑いコンビ『サバンナ』の高橋茂雄さん(上写真で左から2人目)が登壇。NC性能の高さや音質、触感について触れ「使った感触が良い。お勧めできる」「(従来のLightning対応イヤホンで)ここを改善してほしい、と思う部分は全部対応している」と評価していました。

また質疑応答では、同社の宮城謙二代表取締役社長(上写真で左から3番目)に対して「今後USB タイプC接続モデルなどの予定はあるか」との質問が。宮城氏は「時期は未定ながら、将来的には計画している」との回答がありました。
417 シェア
73
182
0
162

Sponsored Contents