Sponsored Contents

Smartphonesの最新記事

Image credit:

うわさ:全面ディスプレイのiPhone 8に「ファンクションエリア」新設か。役割はiPhone版「タッチバー」?

Doom移植不可避

Munenori Taniguchi
2017年2月16日, 午後07:00 in Smartphones
226 シェア
33
96
7
3
87

連載

注目記事

人気記事

ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターXX』は8月25日発売、限定デザインの同梱本体も

ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターXX』は8月25日発売、限定デザインの同梱本体も

View

iPhoneについて何か言えば大概ニュースになるKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、今秋の発売が予想されるiPhone 8に「ファンクションエリア」が設けられると話しました。ファンクションエリアは、予想される「ほぼ全面ディスプレイ化」にともない現在のホームボタンとその左右ベゼル部分に設定されると考えられます。

iPhone 8に関してはこれまで、ほぼ全面ディスプレイ化するとともに、ホームボタンがスクリーンの下に埋め込まれる格好になると言った情報が伝えられてきました。ただ、それには現在のTouch ID機構の大幅な変更なども必要となり、どうやって実装するのかが謎として残されていました。

新しい情報では、ほぼ全面ディスプレイ化はそのままながら、現在のiPhoneにおけるホームボタンを含む下部ベゼル部分が「ファンクションエリア」として機能するようになり、その部分がホームボタンなどの機能を受け持つようになるというもの。
 
iPhone 8 予想図
 
これはつまり、画面そのものは4.7インチiPhoneのほぼ全面(5.8インチ)に拡大するものの、アプリがディスプレイとして使うのはiPhone 7(4.7インチ)とiPhone 7 Plus(5.5インチ)の中間ぐらいの範囲(5.15インチ)であり、ファンクションエリアに指定される部分はホームボタン機能その他のためにリザーブされるということです。

Ming-Chi Kuo氏は、その正確な仕組みには言及しておらず、たとえば動画やゲームアプリが映像のためにファンクションエリアを使うことがあるのかも謎のままです。とはいえ、動画やゲームの操作機能を配置する可能性は高そうで、もしかするとアップルは2016年型MacBook ProのOLEDタッチバー的な使い方を考えているのかもしれません。

なお、ホームボタンとともに姿を消すTouch IDについては今週、アップルが提出したディスプレイ技術の特許情報に赤外線LEDでタッチイベントと指紋の両方を感知できる仕組みが発見されており、これが引き続きTouch IDの名とともに使われるのではないかと考えられます。また顔認識に関する技術の搭載もやはり引き続き伝えられていることから、それらを複合したしくみになる可能性もあります。
 
指紋認識機能の図
 
ちなみに、iPhone 8に関してはワイヤレス充電に対応するといった少し予想外な方向からのうわさも出てきました。今後もまだまだハードコアなアップル / iPhone ファンの妄想デイズは続きそうです。
226 シェア
33
96
7
3
87

Sponsored Contents