Sponsored Contents

Spaceの最新記事

Image credit:
Save

SpaceX、2018年の火星探査計画を2年延期。「ロケット開発、クルー育成にさらなる集中を擁する」

昨夜のISS補給物資打ち上げもトラブルにより1日順延

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2017年2月19日, 午後03:00 in Space
95シェア
0
95
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View
SpaceXが、2018年を目標としていた火星への無人宇宙船到達を、2020年に変更することを発表しました。SpaceX社長・COOのグウィン・ショットウェル氏が発表しました。火星へ投入するFalconHeavyロケットの開発に「もっとヘヴィに取り組む必要がある」とのこと。

もともとSpaceXは、無人宇宙船Red Dragonを2022年に火星へ送ると言われていましが、2016年4月にCEOイーロン・マスク氏が2018年を目標にするとツイートし、予想より4年も早い月への到達が期待されていました。しかし2月18日のCRS-10打上げ開始前に、ショットウェル氏は「2018年の実現に向けて集中してきましたが、Falcon Heavyロケットの開発と飛行士育成にさらなる資源の集中が必要だと考えました」と発言、「2020年の打上げを新たな目標とする」としました。

2016年9月1日に発生したFalcon 9ロケット打ち上げ直前の爆発事故によって、SpaceXのロケット打ち上げが数か月中断することになったのはご存知のとおり。原因はロケットの燃料タンク構造の問題だったと判明し、ひとまず燃料注入方法の変更といった運用面でカバーすることで打ち上げ再開には漕ぎつけたものの、来年2018年内の火星到達実現には、さすがに時間が足りないと判断した模様です。

なお、ハーバード・スミソニアン天体物理学センターのジョナサン・マクドウェル氏は昨年4月「SpaceXの計画は不可能ではないものの、それはFalcon Heavyの開発がまったくノートラブルならばの話。実際のところは2020年ぐらいになる思っておくのが良いだろう」と発言していました

ちなみにSpaceXは、発表のあとに行われたISSへの補給物資輸送のためのロケット打ち上げを、離陸13秒前に中断しました。原因は2段目ロケットの推力ベクトル制御システムが異常を示したため。イーロン・マスクCEOは「99%は打ち上げに支障はなかったと思うけど、念のために中止した」としています。

仕切り直しの打ち上げは今夜、日本時間で2月19日23時38分ごろの予定。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

95シェア
0
95
0

Sponsored Contents