Sponsored Contents

alarm clockの最新記事

Image credit:

二度寝防止に効果アリ!快適に起きられるアラームの設定方法:iPhone Tips

寝起きの自分を信じないことが重要です

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年2月22日, 午前06:10 in Alarm Clock
421 シェア
17
100
5
0
299

連載

注目記事

人気記事

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

速報:ポケモンGO、ついに伝説のポケモン出現。黒い『伝説のタマゴ』が1周年イベント結果でアンロック

View

「朝イチで大事な会議があったのに、二度寝してしまった!」そんな経験をお持ちの人も多いでしょう。アラームをオンにしていても、寝過ごすことは多々あります。そんなときは、一時停止したアラームをもう1度鳴らす「スヌーズ」を活用するなどして、二度寝を防止しましょう。ここでは、「時計」のアラーム機能を見直し、快適に目覚める方法を紹介します。

Gallery: アラームで二度寝を防止する方法 | 8 Photos

スヌーズを活用する


アラームの「スヌーズ」がオンになっていると、1度停止ししたアラームを、9分後に再度鳴らすことができます。ここでは、アラームの設定方法をまじえながら、スヌーズの使い方をご紹介します。


▲「時計」を開き、「アラーム」画面で「+」をタップ(左)。アラームが鳴る時間を設定し、「スヌーズ」がオンになっていることを確認し、「保存」をタップ(右)

これで、アラームを設定できました。設定した時間になると、アラーム画面が表示されます。この画面で「スヌーズ」をタップすると、アラームが一時的に鳴り止みます。


▲アラーム画面が表示されたら、「スヌーズ」をタップ(左)。次のアラームが鳴るまでの時間がカウントされる(右)

なお、スヌーズをオンにしていても、アラーム画面でうっかり「停止」をタップすると、スヌーズが機能しなくなり、結局二度寝してしまうことになります。うっかりミスが心配な人は、アラームそのものを分間隔で設定するのも、ひとつの方法です。


▲アラームを分間隔で設定すると、二度寝のリスクを減らせる

音量を調節する

アラームの音量を、"自分にとっていちばん聞きやすい"音量にするのも、二度寝を防ぐうえで重要な作業です。まずは、「設定」を開いてアラームの音量を調節しましょう。


▲「設定」を開き、「サウンド」をタップ(左)。「着信音と通知音」で音量の目盛を調節する(右)

アラームの音量を設定するときは、「着信音と通知音」にある「ボタンで変更」のスイッチをオフにすることをおすすめします。この機能がオンになっていると、アラームの音量を外部ボタンで調節できるため、無意識のうちに音量を下げてしまう可能性があるからです。


▲「ボタンで変更」のスイッチをオフにする。これで、アラームの音量を一定に保てる

アラームにお気に入りの音楽を設定する

二度寝してしまう最大の原因は、 "起きる気力がない"からかもしれません。そんなときは、iTunesで購入した曲をアラーム用に設定しましょう。お気に入りの曲を朝一番に聞けば、気持ちよく目覚められるかもしれません。


▲アラームの設定画面で「サウンド」をタップ(左)。「曲を選択」をタップする(右)


▲「ミュージックを選択」画面に切り替わった。ここでは、「曲」をタップ(左)。アラームに設定したい曲をタップ。これでiTunesの曲をアラームに設定できた。アラームの設定画面に戻ったら、「保存」をタップしよう(右)

関連キーワード: alarm clock, iphone, iPhone Tips, snooze, Tips
421 シェア
17
100
5
0
299

Sponsored Contents