Sponsored Contents

dellの最新記事

Image credit:

デル、スリムベゼル27型ディスプレイを4月発売、CES 2017で受賞モデル。法人向けタッチ操作強化、ビデオ会議強化モニタも

CESで発表された8K・32インチモニタは今春

Katsuyuki Yasui
2017年2月22日, 午後09:30 in Dell
399 シェア
164
111
0
124

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



デルが27インチのコンシューマ向け1モデル、ビジネス向けの23.8インチモニタ2モデルを発表しました。

コンシューマモデル『S2718D 27インチワイドフレームレスモニタ』のポイントは、デザイン性の高さ。ビジネス向けの『Dellプロフェッショナル P2418HT 23.8インチワイドタッチモニタ』(P2418HT)は、タッチ操作しやすい角度調整可能なモデル。同じくビジネス向けの『Dellプロフェッショナル P2418HZ 23.8インチワイドマルチメディアモニタ』はビデオ会議用にフルHD赤外線カメラを内蔵しています。

▲メタリックな仕上がりでモダンな部屋にもマッチするS2718D。


CES2017でイノベーションアワードを受賞した超薄モニタ

デザイン性の高い『S2718D 27インチワイドフレームレスモニタ』は、スリムベセル採用モデル。正面から見ると液晶表示が宙に浮いているように見えます。筐体部分も世界再薄クラス(デル社内調べ)で、筐体部分を支えるアームはすらりと伸び、ボディはメタリックな仕上げになっています。


▲筐体部分は1本のアームで支えるスマートなデザイン。


▲電源ポートやHDMI、USBポートはスタンドベースの背面に。デスク周りがすっきり。


ディスプレイサイズは27インチ。ダイナミックレンジの高さや自然な色によって再現性豊かなDell HDRを採用。性能的にも必要十分で、USB TYPE-Cなどのポート類はスタンドベースの後部に配置されているため、ケーブルをすっきりまとめることができるのも特徴です。

シンプルで近未来的なデザインなので、モダンな部屋にも、木製家具が多いナチュラルな部屋にもマッチするはず。スペック以上に、製品のルックスを重視する人にも支持される仕上がりになっています。このS2718Dは、先に開催されたCES 2017でもイノベーションアワードを受賞しています。

日本では2017年4月から発売を開始。現在のところ価格は未定です。


▲4辺ともベゼルが狭いS2718D。Dell独自のHDR機能を採用している


CESでイノベーションアワードを受賞したイケてるモニタ

また、ビジネス向けモニタとして『Dellプロフェッショナル P2418HT 23.8インチワイドタッチモニタ』(P2418HT)と『Dellプロフェッショナル P2418HZ 23.8インチワイドマルチメディアモニタ』(P2418HZ)という2モデルが登場。いずれのモデルも明確な特徴を持ったモデルになっています。


▲タッチ操作がしやすいよう自在にスタンドの角度調整が可能。

P2418HTは同社初の非光沢23.8インチのタッチモニタで、独自の多関節スタンドで高さ、左右角度の調整が比較的自由に行えます。調整可能範囲は左右が-30度〜30度まで、傾きが-5度〜60度まで。

Surface Studioのように使い方に応じて、角度を変えることができます。まだまだマウスやトラックパッドで操作することが多いPCですが、タブレットのようにタッチ操作できれば、またアイデアも浮かびやすいかもしれません。


▲独自の連接スタンドで高さ、左右角度を調整可能。マウス操作⇔タッチ操作の切り替えも簡単


P2418HZは、ビジネスシーンで頻度が増えてきたビデオ会議に強い23.8インチのモニタ。上部のベゼル内に2MP フルHD赤外線カメラを、ノイズキャンセリングマイクとデュアル5Wの内蔵前面スピーカーを搭載しています。Microsoft Skype for Businessにも対応。さらにWindows Helloにも対応しているためモニタの前に座るだけですぐにログインできます。Microsoft Cortanaにも対応し、音声操作も可能です。


▲ビデオ会議での利用を強化。ブルーライト低減、フリッカーフリー機能搭載



▲上部ベゼルのセンターに2MP フルHD赤外線カメラを内蔵

いずれのモデルも2017年2月22日から販売開始。P2418HTは2万8200円(税抜、配送料込み)、P2418HZは3万4800円(税抜、配送料込み)となっています。

また、CES2017で発表された8K・32インチの液晶ディスプレイ『UP3218K』の登場はまだ先。日本では春ごろになるとのこと。
関連キーワード: dell
399 シェア
164
111
0
124

Sponsored Contents