Sponsored Contents

iphone tipsの最新記事

Image credit:

iPhoneの空き容量がピンチ!「写真」の不要な機能をオフにしてスペースを生み出そう:iPhone Tips Best

いらない写真や動画を消すのも大事

神戸紅実子(Kumiko Kanbe)
2017年5月23日, 午前05:00 in iphone tips
812 シェア
175
244
0
393

本Webページのアクセスデータについては、KDDI株式会社が以下Webページの「クッキー (Cookie)」の項に基づき利用いたします。
http://www.kddi.com/terms/requirements/#a06

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGO ハロウィンイベント開催。新規ポケモン追加やとんがり帽子ピカチュウ、ミミッキュ帽子など新趣向多数

ポケモンGO ハロウィンイベント開催。新規ポケモン追加やとんがり帽子ピカチュウ、ミミッキュ帽子など新趣向多数

View

※以前掲載したTipsのなかからとくに便利なものを厳選してお届けしています
 
iPhoneの容量が少なくなったとき、不要な写真を削除すると空き容量を増やせます。さらに、「写真」アプリ内の不要な機能をオフにすれば、より効果的に容量を確保できるって知っていましたか? ここでは、「写真」アプリ内の設定や写真の保存設定を見直して、空き容量不足を解消する方法を紹介します。

Gallery: 写真を整理してiPhoneの空き容量を確保する | 7 Photos

「最近削除した項目」から写真を削除する

「写真」アプリから削除した写真は、「最近削除した項目」フォルダに30日間保存されます。このフォルダに写真が残っている間は、せっかく削除した写真がそのまま容量を圧迫することになります。不要な写真を削除したら、「最近削除した項目」からも忘れずに削除しましょう。ただし、「最近削除した項目」から写真を削除すると復元が難しくなるので注意が必要です。


▲「写真」を開き、「アルバム」をタップ。次に「削除した写真」を選択する(左)。画面右上の「選択」をタップ(右)


▲フォルダ内のすべての写真を削除したい場合は「すべて削除」をタップ(左)。写真を個別に削除したい場合は、写真をタップして選択。次に「削除」をタップする(右)


▲「~枚の写真を削除」をタップする。これで写真を完全に削除できた

マイフォトストリームをオフにする

iPhoneには「フォトストリーム」という機能があります。これは、iPhoneで撮影した写真をWi-Fi経由でiCloudにアップロードし、iPadやMacからも同じ写真を閲覧できるようにする機能です。アップロードされた写真は、「写真」アプリ内の「マイフォトストリーム」というフォルダから確認できます。


▲iPhoneで撮影した写真は「マイフォトストリーム」フォルダ内に30日間保存され、iPadやMacから閲覧できる(右)

1度撮った写真は「マイフォトストリーム」フォルダと「カメラロール」両方に30日間保存され、容量を圧迫する原因になります。撮影した写真をiPadやMacで閲覧する予定がない場合は、「設定」からマイフォトストリームに写真を保存する機能をオフにするのがおすすめです。


▲「設定」を開き、「写真とカメラ」をタップ(左)。次画面で「マイフォトストリーム」のスイッチをオフにして、「削除」をタップ(右)

HDRの保存設定を見直す

きれいな写真を取りたいとき、「HDR」機能を使う人も多いでしょう。HDRとは、明るさの異なる3枚の写真から良い部分を取り出して1枚の写真に合成する機能です。

HDRをオンにして写真を撮ると、通常の写真と合成を行った写真の計2枚が保存されます。保存するのは合成後のきれいな写真だけにして、iPhoneの容量を節約しましょう。


▲「設定」を開き、「写真とカメラ」をタップ。次の画面で「通常の写真を残す」のスイッチをオフにする

関連キーワード: camera, HDR, iOS, iphone, iphone tips, photo, tips
812 シェア
175
244
0
393

Sponsored Contents