Sponsored Contents

cellphonesの最新記事

Image credit:

デュアルディスプレイ搭載スマホHTC U Ultra実機レビュー。ハイスペックで本体仕上げも良好な優等生

HTC初のデュアルスクリーン搭載製品の出来栄えは?

Hideaki Kato
2017年3月3日, 午後02:00 in cellphones
205 シェア
25
84
7
0
89

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事


HTCが2017年1月より各国で発売を開始したスマートフォン「HTC U Ultra」(日本では未発売)。5.7インチWQHD(2560×1440ドット)液晶に加えて、サブディスプレイとして1040×160ドットの2.05インチ液晶を搭載する、デュアルディスプレイ構成が特徴です。

CPUにはQualcomm製のSnapdragon 821プロセッサを採用しており、4GBのメインメモリや64GB(あるいは128GB)の内部ストレージを搭載した、フラグシップにふさわしい仕様となっています。
今回、EXPANSYSさんよりHTC U Ultraの香港版をお借りしましたので、ご紹介していきます。なお同店での販売価格は、3月3日時点で7万6710円(ストレージ64GBモデル)でした。





化粧箱は正方形の角が丸まったシンプルな形状に仕上がっています。中央には製品背面のシルエットと「Ultra」の文字が、そして右端には控えめな大きさでメーカー名が印字されています。箱の構造は、蓋を開けると早速本体と対面出来る設計。今ではよくあるデザインですが、ユーザーにとっては嬉しい配慮ですよね。



付属品は本体の他に、マニュアル類、保証書、プラスチックケース、HTCのロゴが入ったクリーニングクロス、QuickChage 3.0対応の充電器(但し香港仕様)、SIMピン、USB Type-Cケーブル、USB Type-C接続のイヤホン、交換用イヤーピースが付属しています。最初からケースが付属している点は親切だと言えるでしょう。

また、HTC U Ultraには3.5mmのイヤホンジャックが搭載されていないため、イヤホンを有線で利用するには、付属のイヤホンを使用するか、HTC純正のイヤホンジャックアダプターを購入して使用する必要があるので要注意です。



前面のガラスにはラウンド加工が施されており、手触りは非常に良好です。画面下部には指紋認証センサーが搭載されており、スリープ状態からでもセンサーに触れるだけで端末のロック解除が可能で、ホームボタンの機能も兼ねています。右側面には電源ボタン(下)と音量調節キー(上)が配置されています。

更に、5.7インチのメインディスプレイの上にはLG製の「LG V20」にも採用されていたサブディスプレイ(2.05インチ、1040×600ドット)を搭載。アプリケーションへのショートカット機能をはじめ、音楽プレーヤーの操作や天気予報など、様々な機能にアクセスすることが可能です。サブディスプレイは基本的にメインディスプレイでの作業内容を問わず操作することが可能なので、使い勝手は非常に良好です。


▲指紋認証センサーの左右にはバックキーとメニューキーが配置されている。
​​​​​​


背面は光の入射角によって様々な色彩を見せてくれるガラスボディを採用。リアカメラには、光学式手ブレ補正機能を備えた1200万画素のカメラモジュールを搭載しています。一方、インカメラはリアカメラよりも画素数が高い1600万画素のカメラモジュールを採用しており、自撮りにも向いた仕様となっています。


▲リアカメラの隆起がかなり目立つのが少し残念


▲雨天時の豊洲駅周辺をHTC U Ultraで撮影

リアカメラにはF1.8のかなり明るいレンズを採用しており、1.55マイクロメートルと広い画素ピッチを確保することによって、悪天候時や夜間などと言った撮影環境が悪い状況でも綺麗で鮮明な写真を撮影することができます。また、4K動画や720P解像度の120fpsスローモーション映像の撮影も可能です。



HTC U Ultraは2つのnanoSIMスロットを備えており、2つの電話番号を同時に待ち受けすることが可能なDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応しています。なお、2枚目のSIMスロットはmicroSDカードと兼用になっています。LTE通信では最大3波までのキャリアアグリゲーション(CA)やVoLTEにも対応しており、最高通信速度は下り600Mbps、上り50Mbpsとなっています。


▲OSにはAndroidをベースにしたHTC Senseを採用している

OSにはAndroid 7.0(執筆時)ベースのHTC独自UIである「HTC Sense」を採用。日本では未発売の製品ながらも初期設定項目に「日本語」設定が存在し、かなり翻訳精度も良好です。UIのデザインは日本でもauから発売された「HTC 10」をはじめとした過去の製品に似ていると言う印象。
以前にHTC Senseを搭載したHTC端末を使用した経験がある人にとっては馴染みが深いUIに仕上がっています。


▲Antutu(左)とGeekbench(右)のスコア

Snapdragon 821プロセッサや4GB(モデルによっては6GB)のメモリを搭載していることにより、ベンチマークスコアもAntutuで137890、Geekbenchでも1615(シングルコア)、3454(マルチコア)とかなり良い数値を叩き出しています。実際にAntutuベンチマークで再生される映像もほとんどカクつくこともなく快適に動作していました。

ゲームアプリでは内容によってはiOS端末と比較するとまだまだ一歩及ばないかも知れませんが、大抵のアプリであれば同等或いはそれ以上に快適に動作しているように感じました。

画面の大きさが許容できるならオススメできる一台



Snapdragon 821やWQHDディスプレイなどハイスペックを搭載しながらも、セルフィー用の1600万画素フロントカメラなど、他社があまり力を入れてこない機能も網羅しており、その姿は正しく優等生と言える一台です。

一方で、3.5mmのイヤホンジャックを思い切って廃止している点は既存ユーザーが買い替えを検討する時には注意すべきポイントです。「大画面は正義」「サブディスプレイって便利そう」「イヤホンジャックは無くてもいい」という人にはオススメできるモデルでしょう。
205 シェア
25
84
7
0
89

Sponsored Contents