Sponsored Contents

panasonicの最新記事

Image credit:

ネット通販拡大で宅配ボックス販売も急成長。パナソニックが電気不要の新製品を4月3日発売

荷物の受け取り側にとっても再配達は手間ですよね

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年3月7日, 午後12:05 in panasonic
459 シェア
96
228
0
135

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事

ポケモンGOハロウィンイベントでルビー・サファイア世代解禁!とんがり帽子ピカチュウやミミッキュ帽子、アメ倍増🍬👻

ポケモンGOハロウィンイベントでルビー・サファイア世代解禁!とんがり帽子ピカチュウやミミッキュ帽子、アメ倍増🍬👻

View
「Mac miniは将来的には重要なラインナップの一部」アップルのティム・クックCEOがユーザーに回答?

「Mac miniは将来的には重要なラインナップの一部」アップルのティム・クックCEOがユーザーに回答?

View
ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

ドコモ発表まとめ、やる気が見えないauとソフトバンクの真相。各社を悩ますiPhone XデーにAndroid勢の異常事態

View

インターネット通販の拡大により、家にいながらの買い物がますます手軽になりました。しかし宅配物の増大で、宅配業者の人手不足が今や社会問題となっています。

パナソニックは、宅配便の再配達を減らし、受け取りの手間や宅配業者の負担軽減にも貢献する宅配ボックス「COMBO」(コンボ)シリーズの新製品を4月3日に発売します。戸建住宅用には、ポストと一体化した2製品。アパート用には、複数世帯で使える1製品の計3製品を用意します。

ネット通販や共働きの増加などにより、宅配ボックスの需要が拡大しており、パナソニックにおける販売台数も2016年度は前年度比で2倍近くに成長しているとのこと。また、同社は宅配ボックスを活用した再配達削減の実証実験を福井県あらわ市で共同実施し、モニター世帯における再配達率が設置前の49%から約8%に減少するなど、再配達削減に貢献することを確認したといいます。

電気不要の自動押印機能を搭載

パナソニックが4月3日に発売する3製品は、市場ニーズに先駆けてラインナップを拡充したもの。いずれも電気を使わない押印機能(本体に印鑑をセットしての自動押印機能)を搭載しており、設置に伴う電気工事や電気代は不要です。



アパート用のCOMBO-Maison(メゾン)は、暗証番号式のため鍵の交換が不要で、後付設置にも対応します。カラーは4色で、価格は6万9500円〜11万1500円(税別・工事費別、以下同)



戸建住宅用の「COMBO-F」は、洗練されたデザインをうたう宅配ボックスです。ポストと一体型なので、玄関空間のスペースを有効活用できるといいます。カラーは11種類。価格は10万9800円・12万500円で、カラーによって異なります。



同じく戸建住宅用の「COMBO-int」は、住宅壁埋め込み専用で、家の中からでも宅配物を取り出せる点が特徴です。カラーは4色展開。価格は17万5000円。

前述のインターネット通販の拡大などで、宅配ボックスの必要性は今後さらに顕在化することが見込まれています。パナソニックは、宅配ボックスをポストのような「一家に一台の製品に」定着させることを見据え、今後も品揃えを強化するとしています。

関連キーワード: delivery, logistics, panasonic
459 シェア
96
228
0
135

Sponsored Contents