Sponsored Contents

laptopsの最新記事

Image credit:

14型970gで17時間な軽量ノート、LG gram 4モデルが3月発売。2代目15型は1.09kgで15時間駆動に

キー配列は従来機と同じく、あえてのUS版のみです

橋本 新義 (Shingi Hashimoto)
2017年3月7日, 午後02:00 in laptops
224 シェア
47
85
6
0
86

連載

注目記事

人気記事

エイサーのWindows MRヘッドセット、売れすぎて予約受付休止へ。駆け込みは5月31日18時30分まで

エイサーのWindows MRヘッドセット、売れすぎて予約受付休止へ。駆け込みは5月31日18時30分まで

View


LGエレクトロニクス・ジャパンが、軽量ノートPC『LG gram』新シリーズとなる3サイズ4モデルを発表しました。
発売は全機種とも3月10日。LG側の想定実売価格は、13.3インチモデルが12万円前後、14インチ版が17万円前後。15.6インチ版は2モデルとなり、標準モデルが18万円前後、CPUとSSD容量を強化した上位モデルが22万円前後となります。

特徴は、クラムシェル型ノートPCとして非常に軽量ながら、バッテリー駆動時間や性能とのバランスを追求した点。重量とバッテリー駆動時間(MobileMark 2014測定)は、13インチ版が840gで10時間、14インチ版が970gで17時間、15インチ版が1090gで15時間。

Gallery: LG ノートPC LG gram | 34 Photos



なお液晶パネルは、全機種共通でフルHD(1920×1080)のIPSタイプ。また隠れた特徴として、2016年に発売された15インチ初代モデルに引き続き、キーボード配列は英語(US)配列のみである点も挙げられます。

重量だけでなく、バッテリー駆動時間とのバランスを重視




昨年9月に発売された15インチの初代モデル『15Z960-G』は、15.6インチ液晶搭載ながら、世界最軽量となる約980gを実現した点、実売価格が13万円台とコストパフォーマンスが高い点などで話題となったモデル。
しかしバッテリー駆動時間は約7時間(MobileMark 2014)と、昨今のモバイルノートPCとしては若干短めでした。



今回の2017年モデル4機種は、若干重くはなりつつも、バッテリー駆動時間を大幅に延長したモデル、という位置づけ。もちろんCPUなどもアップデートされています。
こうした改良点などから、シリーズのキャッチフレーズは「いつも一緒に」と設定。軽くていつでも持ち歩け、常に使っていてもバッテリーが切れないノートPC、というイメージです。



大きな特徴であるバッテリーは、グループ企業であるLG化学製の新型です。特徴は導電材にカーボンナノチューブを採用したことなどにより、体積あたり容量を大幅に増加した点。

15インチモデルにおいての比較では、面積は若干増えていますが、2016年モデルに搭載した34.6Whに比べ、60Whと大幅に増加。14インチモデルは同じバッテリーを搭載することで、上述のように公称17時間という長時間駆動を実現しています。

なお、13インチモデルは本体がコンパクトかつコストパフォーマンス重視のため、容量は34.6Whに抑えられていますが、それでも上述のように公称10時間駆動となります。



さらに急速充電機能も採用しており、14インチモデルでは、20分の充電で約2時間駆動、1時間充電で約7時間駆動とアピール。さらに安易な急速充電機能でありがちな、バッテリー耐久性への悪影響も抑えた設計であるとも謳います。



内部はマザーボードを小型化したことで、大型化したバッテリーを搭載しつつ、冷却ファンも大型化した点が特徴。



15インチ版の冷却ファンは2016年モデルに対し、ヒートシンク面積は約2.4倍、冷却ファンの羽根面積は約1.4倍に増大したとアピールします。

さらにファンブレード(羽根)には弾性にすぐれる液晶ポリマー素材を採用。従来のプラスチックでは実現が難しい形状にファンブレードを加工できたことで、高負荷時のファン動作音低減(静音化)も狙います。

本体にはマグネシウム合金を採用。LG側からは、詳細は伏せられたものの「2016年モデルとはマグネシウム合金という点では同じだが、組成は異なっている」との解説もありました。





もう一つの特徴は、昨今のトレンドであるナローベゼル(狭額縁)液晶パネルの採用。13型は左右側5.9mm、天面側8.9mmで、14型は左右6.7/天面9.7mm。15型は左右6.7/天面9.1mmと、画面サイズに関わらずかなりの細さとなっています。



心臓部では、インテルの第六世代Core i(TDP 15W版)を採用。メインメモリには、ノートPCではまだ比較的珍しいDDR4タイプを採用するのが隠れた特徴です。SSDはシリアルATA接続。速度に優れるPCI Express版でない点は若干残念な点ですが、その分容量的には余裕のある構成です。

3サイズ・4モデルで幅広いニーズに対応




13インチモデル『13Z970-ER33J』は、13.3インチ画面とインテルCore i3-7100U(動作クロック2.4GHz)を採用する、重量とコストパフォーマンスを重視したモデル。重量840g、バッテリーは公称10時間ながら、想定実売12万円前後(Microsoft Officeなし)と比較的廉価です。

メインメモリは4GB(DDR4-2133)で、ストレージはSSD 180GB(シリアルATA接続)を採用。本体サイズは305.9×211.8×15.5mm(幅×奥行き×厚さ)。





拡張端子はHDMI×1(4Kでは30Hzまで)、USB 3.0タイプC(速度5Gbps、電源、DisplayPort兼用)×1、USB 3.0タイプA×2、microSDスロット、ヘッドホン端子、DC(ACアダプタ)入力。電源は専用端子とUSBタイプCのどちらも使える、便利な仕様です。



ACアダプタは専用端子が付属(USBタイプCではありません)。USBタイプCから有線LAN(100Mbps)の変換アダプタも付属します。

無線接続はWi-Fiが802.11a/b/g/n/ac(最大867Mbps)、Bluetoothがバージョン4.1に対応。



14インチモデル『14Z970-GA55J』は、14.0インチ画面にCore i5-7200U(基本クロック2.5GHz/ターボ時最高3.1GHz)を採用する、コンパクトさと性能のバランスを重視したモデル。

想定実売価格は17万円前後と、13型から一気に上がりますが、その分バッテリーは公称17時間駆動、メインメモリは8GB(DDR4-2133)で、ストレージはSSD 256GB(シリアルATA接続)を採用するなど、基本性能も大きく上がります。



本体サイズと重量は、323.4×211.8×16.5mm(幅×奥行き×厚さ)、970g。実は奥行きが13インチモデルと変わらないのがポイント(その分、液晶パネルの底面側ベゼルが細くなっています)。

拡張端子や無線接続などの仕様は13インチモデルと同一です。



15インチの基本モデル『15Z970-GA55J』は、15.6インチ画面にCore i5-7200Uと8GB RAM、256GB SSD を採用し、想定実売は18万円前後。
上位モデル『15Z970-GA77J』は、CPUをCore i7-7500U(基本クロック2.7GHz/ターボ時最高3.5GHz)に、ストレージを512GBに強化した構成で、想定実売は22万円前後です。

本体サイズと重量は、357.6×228.4×16.8mm(幅×奥行き×厚さ)、1090g。重量こそ2016年モデルより約110g増していますが、上述のようにバッテリー駆動時間は大幅に増しています。



拡張端子は、13インチ/14インチモデルからUSB 2.0(タイプA)が1基増加し、3.0 タイプC×1+3.0 タイプA×2+2.0×1の総計4基に。他の端子と無線接続仕様は共通。
またキーボードは2016年モデルと同じく、テンキー付きの配列となります。



実際にそれぞれのモデルに触れてみると、超軽量ノートPCならではの「一瞬中身が入っていないのではと思う」タイプの軽さが印象的。とくに15型モデルは従来機より重くなったとはいえ、実際に持ってみるとその軽さに(数値上ではわかっていても)驚きます。

また、液晶パネルのベゼルの狭さやコントラストの高さなども印象的。このあたりはさすがLGエレクトロニクスといったところです。

電源入力が専用端子とUSBタイプCの共用であるのも、実際の取り回しの点では便利と感じました。今後はUSB PD対応のモバイルバッテリーも増加する見込みだけに、メリットは増していくはず。

Gallery: LG ノートPC gram プレゼン | 18 Photos



このようにLG gram新モデルは、従来モデルの特徴だった軽さに加え、バッテリー駆動時間や実性能、さらには高負荷時の動作音など、様々な要求性能のバランスを取った構成が魅力のモデル。キーボードに関しても、US配列派にとっては大きく注目できるところとなりそうです。

224 シェア
47
85
6
0
86

Sponsored Contents