playstationの最新記事

Image credit:

PS4ゲームがPlayStation Now対応。本体を買わずPCで定額遊び放題に

(ようやく)すごい時代になったでしょう

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年3月14日, 午前11:48 in Playstation
2864 シェア
726
1615
204
27
292

連載

注目記事

人気記事


ソニーのストリーミングゲームサービス PlayStation Now (PS Now)に、ついにプレイステーション4タイトルが加わることが明らかになりました。

Windows PC用のPS Nowアプリを使えば、PS4本体を買わずにPS4のゲームが遊べるようになります。



プレイステーションNow (PS Now)はソニーが運営するクラウドゲームサービス。ソニーが保有するサーバ上で動くゲームをインターネットごしに映像としてストリーミングして、プレーヤー側からはコントローラの信号を送り返すことで遊ぶ仕組みです。

実質的に動画配信やインターネットごしのリモートプレイなので、利用には当然ながら常時ネット接続が必須。快適に遊ぶにはある程度の帯域(推奨12Mbps)と、遅延の少ない回線環境が必要です。

一方、利点はゲームをまるごとダウンロードもインストールもする必要がないため、すぐに遊べること。記録容量がほとんど不要なこと。

またクライアント側の機器は動画再生ができてコントローラの信号を送れる程度の性能があれば良いため、非力な薄型ノートなどでも快適に遊べます。たとえば他社が展開するPC向けのストリーミングゲームサービスでは、数十万円クラスのゲーミングPCで動かしたゲームをタブレットでも遊べることを売りとしています。

このように、サーバ側で用意さえすればどんなゲームでも遊べることがストリーミングゲームの大きな特徴のはずですが、ソニーの提供するPS Nowでは遊べるゲームのライブラリが従来はPS3タイトルしかなく、結構な定額を支払って旧作が遊べる微妙なサービスか、PS4のPS3疑似互換のような位置付けでした。

新たにPS4のゲームが加われば、ソニーがライブラリに用意する範囲で、PS3に加えてPS4の最新ゲームもストリーミングで試し放題&遊び放題になります。

PS Now の PS4 ゲーム対応は、現在は米国向けにプライベートベータテストが発表された段階。開始予定は2017年中。具体的なゲームリストや正式サービスの開始日時、日本国内での展開予定や仕様などは明らかになっていません。

プレイステーションNowがPC対応。本体なしでPS3をプレイ、Xboxアプリで録画・配信も

なおWindows PC用のPS Nowクライアントアプリは長らく海外でのみ提供でしたが、国内でも近日中にリリースが予定されています。

更新:ソニー、PS Now対応機器を大幅縮小。PS3、Vita、Vita TV、ブラビアやBDプレーヤは切捨て、PS4とWindowsに注力して継続

ストリーミングゲームの特性を活かして、携帯機のPS Vita や テレビのブラビア、ソニー製BDプレーヤーなどでも遊べていたPS Now ですが、対応機種を大幅に減らし、今後はPS4とPCのみに注力して展開する計画です。

PS3やPS Vitaも非対応。PS3を買えばPS4ゲームが遊べる、プレイステーションはネットに溶けてゆき同じハードでもクラウド側で進化してゆく、という時代には残念ながらなりませんでした。

一方、非互換のPS3が遊べるのはともかく、PS4でPS4ゲームが遊べても仕方ないのでは?とも思えますが、ストリーミングゲームではプレイ前に大容量のダウンロードやインストール待ちが不要なこと、PCでもPS4でも遊べること(セーブはクラウド保存)、定額制ならば遊び放題で手軽に試せることなどが魅力。

現在のところ、定額制に加入すれば既存のPS3ゲームライブラリに加えてPS4タイトルも同一料金で遊べる、との表現に留まっていますが、自宅ではPS4のネイティブで、出先では薄型ノートにストリーミングして、のように場所を問わず遊べるようなプランがあれば魅力的です。(現在も自宅のPS4にリモート接続するリモートプレイならば実現できますが、ネットワークの条件もなかなか厳しいため。)


更新:PS Now for Windowsは3月21日配信開始

Source: PS.blog US
関連キーワード: playstation, playstation 4, ps now, ps3, ps4
2864 シェア
726
1615
204
27
292