wearablesの最新記事

Image credit:

タグ・ホイヤー「Connected Modular 45」スマートウォッチ発売。自分仕様にカスタム可、追加モジュールも用意

アナログ式の本体も追加購入可能

Munenori Taniguchi
2017年3月15日, 午前07:00 in wearables
322 シェア
116
97
2
4
103

連載

注目記事

人気記事

 
タグ・ホイヤーが、Android Wear 2.0搭載の新スマートウォッチ「Connected Modular 45」を発表しました。3月15日よりウェブサイトおよびタグ・ホイヤー正規取扱店にて発売します。税抜価格は17万5000円から72万5000円。       

Connected Modular 45の特徴は事前のうわさどおり、ストラップ(ベルト)やラグ、バックル、さらにケース(時計本体)までもそのシチュエーションに合わせて交換可能なモジュラー方式を採用したところ。タグ・ホイヤーは、Connected Modular 45をスイス時計の伝統に則って設計・製造していると説明します。

ウェブサイトでは、まず自分が購入したいモジュール、つまり時計本体のデザインを選択し、つぎにストラップ、ラグの順に選択することで自分用のConnected Modular 45を作り上げることができます。ただ、モジュールは全56種類もあるため、正規取扱店の場合は代表的な11種類をスタンダードモデルとして用意し、要望に応じて残りの種類を取り寄せるとのこと。

モジュールは機械式ムーブメントのものを追加購入することもでき、3針のCalibre 5、さらに高級な02T Tourbillonなどが選べます。ほかにもストラップやラグも追加オプションが用意され、最終的な組み合わせは500とおりを超えるとのこと。各パーツの交換には特別な工具を必要とせず、素手で組み換えられます。

Gallery: TAG Heuer Connected Modular 45 | 16 Photos



Connected Modular 45の主な仕様は、45mm径のベゼルに1.39インチ高解像度有機ELディスプレイを採用、インテルAtom Z34XXプロセッサー、4GB RAM。GPSやAndroid Pay決済用のNFC、WiFi、Bluetoothを搭載し、50mの防水性能も備えます。OSはAndroid Wear 2.0。バッテリーの連続駆動時間は24時間以上。対応するスマートフォンはAndroid 4.3以上、またはiOS 9以降。
Source: TAG Heuer
322 シェア
116
97
2
4
103