Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:

iPhone版 Chromeに後で読む「リーディング リスト」追加。オフライン対応、デスクトップ同期は非対応

Safariの「リーディングリスト」とは無関係

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年3月15日, 午後07:00 in google
253 シェア
19
98
10
0
126

連載

注目記事

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

動画:世界最小27mm指乗りドローンNANO Q4 SEレビュー、小さくても安定飛行、フライト時間が物足りない

View

人気記事



iOS版のChromeブラウザが新機能「リーディング リスト」に対応しました。長い読み物や参照したいページを「後で読む」しておくと、オフラインでも読めるように保存できます。




新機能「リーディング リスト」に対応したのは、3月14日付けで更新された iOS版 Chrome 57 から。

Firefox や iOSの標準ウェブブラウザ Safari にも同じ用途の「リーディングリスト」がありますが、名前が同じだけで機能としては独立しています。同じひとつのリーディングリストをどのアプリでも開けたりアプリ間を同期できるわけではありません。

開いたウェブページをChromeの「リーディング リスト」に追加するには、右上の︙メニューからiOSの共有アイコンをタップ、iOS標準の共有ポップアップから「後で読む」を選択するだけ。

(このとき、Firefoxを入れていると微妙に違う「あとで読む」(あとが平仮名)も並んで混乱しますが、アイコンで判別してください。)


現在読んでいるページのほか、リンク長押しメニューにも「後で読む」が加わっています。




追加したページはメニューの「リーディング リスト」から。未読既読の区別があり、未読があるときのみ件数が表示されます。



リーディング リストの画面。操作はすべて未読・既読、既読を全削除など。オフラインでも読めます。


Safari のリーディングリストはクラウド経由で同期して iOS でも macOS でも読めるのが売りですが、Chromeの場合はデスクトップ版に(まだ)同じ機能がなく、使えるのは今のところ iOS 版のみ。また Android版の Chrome でも現時点で使えません。(一方、Android版のChromeはウェブページを画像と同様にダウンロード保存する機能はあります)。

Chrome は開いたタブや履歴、ブックマークをデバイス間で同期できるため、マルチOS・マルチデバイスで使うユーザーが多いと思われますが、「リーディング リスト」も早めに別プラットフォームに対応してほしいところです。

関連キーワード: chrome, google, ios, software
253 シェア
19
98
10
0
126

Sponsored Contents