Sponsored Contents

smartphoneの最新記事

Image credit:
Save

生配信特化の新スマホ ZenFone Live登場、美顔エフェクトをリアルタイム適用

JP(日本)バージョンの記載も

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年3月15日, 午後03:00 in smartphone
184シェア
43
82
0
59

連載

注目記事

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

米家電量販大手が音楽CD販売を終了へ。一方音楽ストリーミングではApple Musicがユーザー数を伸ばす

View

人気記事

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

ポケモンGO、2月24日(土)はミニリュウ乱獲とカイリュー『りゅうせいぐん』学習チャンス。正午から3時間限定

Ittousai, 13 時間前
View
新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

新型iPadが発売間近?「A1954」「A1893」の2モデルがEECのデータベースに登録(訂正)

Kiyoshi Tane, 10 時間前
View

ASUSが自撮りライブストリーミング機能を強化したスマートフォン、ZenFone Liveを台湾で3月17日(金)に発売すると発表しました。

ZenFone Liveは2月末に発表されていたZenFoneシリーズの最新エントリーモデル。フロントカメラでのライブストリーミング中に美顔エフェクトをリアルタイムに適用できる専用アプリ BeautyLiveを搭載しているのが特徴です。また、フロントにもLEDフラッシュを搭載し、2つのMEMSマイクによるバックグラウンドノイズの除去で音声を明瞭化するなど、その名の通りライブストリーミングに特化した機種となっています。

フロントカメラは500万画素で画素数こそ控えめですが、画素サイズは1.4μmと大きく、一般的なスマートフォンと比べて光を取り込む量が2倍になるとのこと。これにより、より明るい写真を撮ることが可能です。なお、ハイエンド機種であるSamsungのGalaxy S7のリアカメラが同じく1.4μmとなっています。




その他の主な仕様は、ディスプレイは5.0インチ(1280x720)、SoCにクアッドコアのSnapdragon、メモリ 2GB、ストレージ16GB、リアカメラ1300万画素。デュアルSIM機ですが、4Gと3Gの同時待ち受けは利用できません。

台湾での価格は4990台湾ドル(約1万9000円)。自撮りでのライブストリーミングに便利な卓上三脚が付属します。

ZenFone Liveの製品仕様を見ると「JP version」の記載もあるため、日本での発売も期待できそうです。
184シェア
43
82
0
59

Sponsored Contents