Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:

子供用Googleアカウントを作成できる「Family Link」発表、Android端末の利用を親が管理

親も子供もAndroidを使う必要があります。

山本竜也(Tatsuya Yamamoto)
2017年3月16日, 午後01:50 in android
536 シェア
126
191
0
219

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事


Googleが小さい子供のAndroid端末の利用を保護者が管理できる「Family Link」を発表しました。現在、米国で招待制のプログラムとしてリリースされています。米国ではGoogleアカウントを作成できるのは13歳以上(日本も同様)ですが、Family Linkを使用すると13歳未満の子供のGoogleアカウントを作成することができます。

Family Linkを使用するには、保護者のAndroid端末(4.4以上)にFamily Linkをインストールし、そこで子供のGoogleアカウントを作成します。作成した子供用のGoogleアカウントでAndroid 7.0以上の端末にログインすると、Family Linkを通じて保護者は使用するアプリや使用する時間を制限したりといった、いわゆるペアレンタルコントロールが可能になります。

Android端末の中にはペアレンタルコントロールの機能が組み込まれているものもありますが、保護者が自分のアカウントなどでログインし、別途ペアレンタルコントロールができるアプリなどを入れて使用しているケースが多いと思います。しかし、Family Linkを使うと子供用のGoogleアカウントを作成し、その時点から管理が可能となるので汎用性は高そうです。


ただし、Family Linkは子供のデバイスの使用方法について基本的なルールを決めるのには役立ちますが、大人用に設計されたアプリやサービスを子供が安全に使えるとは限りません。Googleは子供のために何が正しいかを選択するのは親の責任だとしています。

なお、Family Linkでアカウントを作成した子供が13歳になった場合、引き続きFamily Linkで管理対象となるか、Family Linkを外れるかは子供が選ぶことができます。
536 シェア
126
191
0
219

Sponsored Contents