Sponsored Contents

fintechの最新記事

Image credit:

カード不要、スマホで入出金──「スマホATM」じぶん銀行・セブン銀行が3月27日開始

カードレス社会へ

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年3月23日, 午後12:50 in fintech
687 シェア
433
0
29
10
215

連載

注目記事

人気記事


キャッシュカード不要、スマートフォンだけでATMからお金を引き出せるーーそんな「スマホATM」をじぶん銀行が開始します。全国約2万3000台のセブン銀行ATMで、3月27日午前10時から利用できます。

膨らみがちの財布から、カードを1枚減らせる

カード不要でATMから入出金できるサービスは、NFCや静脈認証など複数方式が国内外で展開中。しかし、読み取り装置の追加などATMの改修が必要で、展開にコストがかかる課題があるといいます。

一方のスマホATMは、ATMに表示したQRコードをスマートフォンで読み取る方式を採用。このためATMの改修が不要だといい、さらに、NFCに対応しないiPhoneやAndroidスマートフォンで幅広く使える点も売りにします。

じぶん銀行のユーザーは、3月27日午前10時以降にじぶん銀行アプリをバージョンアップすることで、全国のセブン銀行でスマホATMを利用可能。「膨らみがちの財布から、カードを1枚減らすことができる」とじぶん銀行の鶴我社長はその意義を強調します。

じぶん銀行 代表取締役社長の鶴我明憲氏



スマホATMの使い方はこうです。まず、セブン銀行のATMの前で、スマートフォンの「じぶん銀行」アプリを起動します。その後、ATM画面の右下の「スマートフォン 出金・入金」をタップします。



するとATMにQRコードが表示されるので、これをスマートフォンのじぶん銀行アプリで読み取ります。その後、じぶん銀行を識別する番号「8333」を入力し、口座の暗証番号を入力。するとキャッシュカードと同様にお金を引き出すことができます。

セキュリティに関して担当者は「スマホは通常ロックがかかっており、じぶん銀行アプリにもロックがかかっている。つまり、二重にロックがかかっているので、そもそもセキュリティが高い。(中略)スマホを紛失しても、遠隔で消去できる。紛失したと思ったら新しいスマホで設定すれば、当行にお届けしなくてもスマホATMが使えるというのも利点」と説明しました。
関連キーワード: atm, bank, fintech, kddi, payment, payments
687 シェア
433
0
29
10
215

Sponsored Contents