Sponsored Contents

Personal Computingの最新記事

Image credit:

Mac Proがアップデート。上位モデルに8コアXeon搭載、6コアモデルは10万円安の29万8800円

急がない人は来年の世代交代を待つべし

Munenori Taniguchi
2017年4月5日, 午前09:00 in Personal Computing
565 シェア
242
191
14
2
116

連載

注目記事

人気記事

 
アップルがMac Proの仕様をアップデートし、販売を開始しました。アップルは来年以降の新型Mac Pro投入を予告済みなので、今回の仕様更新はとにかくお急ぎのプロフェッショナルな方々向けとも言えます。

主な変更は、従来上位モデルだった6コアXeon、デュアルGPU搭載モデル(39万8800円)が下位モデルに格下げとなり29万8800円に価格改定、そして新たな上位モデルとして8コアXeon E5、デュアルGPU構成モデルが39万8800円で追加されました。

新しい上位モデルの仕様は、Intel Xeon E5(3.0GHz)CPU、16GB RAM(1866MHz DDR3 ECC)、デュアル AMD FirePro D700 GPU(GPUごとに6GB GDDR5 VRAM) 、256GB PCIeフラッシュストレージ。

以下は共通仕様で、IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、インターフェースは USB 3.0 x4、Thunderbolt 2 x6、ギガビットLAN x2、HDMI 1.4 Ultra HD x1。光デジタル/アナログ兼用ライン出力ミニジャック、ヘッドセット対応ヘッドホンジャックなど。

なお、カスタマイズはCPUが最大12コア2.7GHz Xeon を、RAMは 32/64GBを、ストレージは512GB/1TB PCIeフラッシュストレージを選択可能(下位モデルで確認。記事執筆時点では上位モデルは注文できない状態)です。

新しい上位モデルといえども、仕様的には従来からカスタマイズ可能な構成だったことを考えると、今回のアップデートは実質的に価格改定と言うべき内容です。とはいえ仕事上、いますぐパワーのあるMacが必要、ゴミ箱(七輪?)じゃなきゃイヤ!という人には、再びMac Proが検討に値する仕様と価格のバランスを備えたと言えそうです。

速報:アップル、完全新設計の次世代Mac Proとプロ仕様ディスプレイを予告。アップグレード性重視、発売は来年以降
Source: Apple
565 シェア
242
191
14
2
116

Sponsored Contents