Sponsored Contents

IOTの最新記事

Image credit:

事故発生時には即映像を送信、LTE対応ドライブレコーダーをドコモが法人向けに発売

通信料金さえ目をつぶれば個人向けにも欲しい

小口貴宏 (TAKAHIRO KOGUCHI)
2017年4月7日, 午後07:30 in IOT
243 シェア
56
98
0
89

連載

注目記事

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

iPhone Xのナゾを実機でズバっと解決 カメラ機能はすべての面でワンランク上

View

人気記事



NTTドコモは、LTE通信機能を搭載したドライブレコーダー「TMX-DM02A」を、法人向けとして4月10日に提供開始します。製造元はパイオニア。

LTEモデム部は受信最大150Mbpsに対応。常時接続を活かして、衝撃を検知すると、その際の映像をリアルタイムでクラウドにアップロードする点が特徴です。さらにドコモが提供する法人向けサービスとセットでご利用することで、運行管理者の事故状況の把握などに役立つとしています。




同製品では、急ハンドル・急ブレーキ等といった事故相当の衝撃を検知すると、その映像をリアルタイムにクラウド上にアップロードします。
これにより、例えば荷物の運送中に事故が発生した場合など、その際の映像を速やかにアップロードすることで、管理者は即座に事故状況を把握可能。運転者への指示や、荷主への連絡、代替車両の手配などを速やかに行えると謳います。

こうしたドライブレコーダー機能に加えて、ドコモの法人向けサービス『docoですcar Safety』を併用すると、クラウド上に蓄積した運転データを基に、日常の運転習慣を解析しての評価も可能です。その結果に基づいて個々のドライバーに運転指導を行うことで、運転技術の向上に繋がり、事故やヒヤリハットの削減が期待できるとのこと。
また、交通事故削減だけでなく、エコドライブによる燃費改善コストの削減も期待できる、としています。

同製品の販売価格は税別3万5000円。これに別途通信料金がかかります。また、docoですcar Saferyと運行支援サービス『docoですcar NEXT』は、ドコモの法人向けクラウドパッケージ「ビジネスプラス」で提供中。これらのサービスはそれぞれ、1IDにつき年額1万2000円(税別)です。

なおNTTドコモとパイオニアは、2015年にLTE通信に対応したバックミラー型情報端末「TMX-DM01」を発売しています。

パイオニアがLTE対応バックミラー型情報端末開発。5インチハーフミラー、車内WiFiにも利用可


Source: NTTドコモ
関連キーワード: camera, car, driveRecorder, IOT, transportation
243 シェア
56
98
0
89

Sponsored Contents