Sponsored Contents

最新記事

Image credit:

ソニー、Life Space UXが買えるインテリア店をオープン。超短焦点プロジェクターの使い方16連発

イケアのモデルルーム的なやつ

Ittousai , @Ittousai_ej
2017年4月13日, 午後11:50
315 シェア
80
114
4
1
116

連載

注目記事

人気記事

ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターXX』は8月25日発売、限定デザインの同梱本体も

ニンテンドースイッチ版『モンスターハンターXX』は8月25日発売、限定デザインの同梱本体も

View


ソニーがプロデュースするインテリアショップ、『Life Space Collection 表参道』が4月15日から6月末までの期間限定でオープンします。

『Life Space Collection 表参道』は、「空間を変えることで、暮らしに新しい体験をつくりだす」Life Space UX製品を展示販売する提案型のインテリア店。

ポータブル超短焦点プロジェクターLSPX-P1を中心に、キッチンから寝室までどう生活に組み込むのか、楽しくなるのかを実際に見て体験して、気に入ったら家電以外の家具もあわせてその場で買える新しい試みです。



2014年のCESで平井社長みずから発表したLife Space UXは、「空間を変えることで、暮らしに新しい体験をつくりだす」コンセプトの製品群。

「ごめんもう一回言ってくれる?」と聞き返したくなるふんわり感ですが、要はシアタールームに鎮座ましますプロジェクターのように家電が主、周囲が従のありかたではなく、毎日の生活シーンに溶け込み引き立てることを目的とした製品です。

たとえば寝室の天井に星が見える窓を投映したり、リビングで寛ぐときは壁に仮想の暖炉を出現させたり、キッチンで拘りまくったコーヒーをふるまう際はカウンターに豆の説明を映して客に見せるなど。

最後の例は相手を選ばないとかなりげっそりさせそうですが、こだわりを滔々と披露する側にとっては実に気持ちいいスーパー俺タイム演出になりそうです。Life Space Collection 表参道には、こうしたコンセプトが計16コマ並びます。





寝室の天井やベッドの足元をスクリーンに、仮想天窓や寝落ちシアターを作る例。



(2014年のCESキーノートプレゼンで、Life space UXを世界初発表する平井社長。)

ソニー、壁を4Kディスプレイにする超短焦点プロジェクタを発表。壁際設置で147インチ



こちらはダイニングのテーブルで、親子で動画を見てお勉強。




「リラックスして夫婦で晩酌、暖炉は映像だけど感じ感じ」セット。

新しい分野の製品だけに、約10万円という価格が取り沙汰されるポータブル超短焦点プロジェクターLSPX-P1ですが、 このシーンの椅子はフリッツ・ハンセン 60万1000円(税別)。こうしたインテリアも購入できます。

ソニーはプロデュースの立場で、実際の運営はライフスタイルショップ リビング・モティーフなどを経営する株式会社アクシスが担当。





ライフスペースコレクション店舗は4月15日から6月30日までの限定オープンですが、開店から4月21日までの期間のみ、日本初披露の新4Kプロジェクターコンセプト『It's all here』も参考展示します。

こちらは4K解像度で壁一面に投影できる性能を活かし、膨大な数のアルバムジャケット などを表示して気ままに試聴、偶然の出会いを演出するコンセプトデモ。砂嵐にしかみえない引きの状態から、個々のカバーアートが楽しめる近さまで滑らかにズームします。

ソニー平井社長直轄でLife Space 事業を指揮する 斉藤博 TS事業準備室 室長によれば、自宅のパーソナルな空間がそのまま雑貨店や書店につながっているイメージ。

オンラインストアのように最初から目的を持ってスイッチを入れて探すのではなく、環境として自然に提示して、散策と発見が楽しめることがコンセプトです。


800万点の商品がすべてランダムに並んでいる書店やCD店は愛書家や音楽好きの脳に深刻なダメージを与えそうですが、目的に囚われず探していないものと出会う、何かないかとぼんやり巡る楽しみは確かにあります。

斉藤室長いわく、現状は16:9にグリッドが並んだデモですが、枠がないプロジェクターの利点を活かしてもっと大胆に生活に溶け込むコンセプトも考えているとのこと。

ライフスペースコレクション表参道の営業は夜21時まで。

プロジェクターは原理的にある程度暗くないと全力を発揮できませんが、写真で投影シーンを写しても明るさやコントラストはなんとでも変わってしまうため、また人間の目は数値どおりの明るさを感じるわけではないため、なかなか実際の感覚が伝わりづらいデバイスです。

ましてや超短焦点で投影面と光源が近く、ポータブルで様々な面に映すLSPX-P1の場合、自分の目で、実際に近いシチュエーションで確認できるにこしたことはありません。







日本より先にラスベガスのCESで公開された際の動画はこちら。



店舗概要 名称: Life Space Collection 表参道
開設期間: 2017 年4月15 日(土)~2017 年6 月30 日(金)
所在地: 東京都渋谷区神宮前 6 丁目 2‐9 ユーハイム原宿ビル 1F

アクセス
東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前」駅 4 番出口より徒歩約 6 分
東京メトロ千代田線・銀座線・半蔵門線「表参道」駅 A1 番出口より徒歩約 10 分
JR「原宿」駅表参道口より徒歩約 10 分

営業時間: 11:00~21:00 (無休)
フロア/延床面積: 1 階/約 125 平米
販売商品: Life Space UX の商品:ポータブル超短焦点プロジェクター 『LSPX-P1』、 グラスサウンドスピーカー 『LSPX-S1』、LED 電球スピーカー 『LSPX-103E26』 インテリア商品:ソファー、ベッド、クッション、ダイニングテーブル、照明などシー ン展示内の什器

315 シェア
80
114
4
1
116

Sponsored Contents